掲示板

 
カンアオイ(寒葵)ウマノスズクサ科 カンアオイ属 多年草

ムラサキカンアオイは情報が少ないので、よく分かりません

s-DSC_3977.jpg 


s-DSC_3982.jpg 


s-DSC_3985.jpg 


s-DSC_4003.jpg 


s-DSC_4004.jpg 


s-DSC_4006.jpg 


s-DSC_4007.jpg 


2018.02.16 / Top↑
 
コセリバオウレン(小芹葉黄連)キンポウゲ科 オウレン属 多年草

先週とは違う場所に行って来ました。此処は、ほぼ満開のようです

s-DSC_3942.jpg 


s-DSC_3929.jpg 


s-DSC_3932.jpg 


s-DSC_3933.jpg 


s-DSC_3945.jpg 


s-DSC_3947.jpg 


s-DSC_3950.jpg 


s-DSC_3951_20180215081638fa0.jpg 


s-DSC_3953_20180215081640842.jpg 


ツチグリが咲いていました ▼

s-DSC_3960.jpg 


奥の方は咲き初めで此れからです ▼

s-DSC_3963.jpg 


s-DSC_3967.jpg 


s-DSC_3971.jpg 


2018.02.15 / Top↑
 
フクジュソウ(福寿草)キンポウゲ科 フクジュソウ属 多年草

山地のやや明るい林内などに生える高さ10~25㎝の多年草。根茎は黒褐色で

太く、多数のひげ根を束生する。茎は太く直立する。茎は長柄があり、3~4

回羽状に細裂する。根生葉はない。枝先に黄色い花を1個~数個上向きに開く。

花は直径約3~4㎝。花弁は10~20個、萼片より長く、黄色で金属光沢がある

。萼片は帯暗紫緑色で数個。そう果は倒卵形で長さ4~5㎜、短毛がある。

🌷花期:3~4月 分布:北、本、四、九

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂版 山に咲く花

雪の中のフクジュソウ

s-DSC_3896.jpg 


s-DSC_3895.jpg 


s-DSC_3902.jpg 


s-DSC_3903.jpg 


s-DSC_3906_01.jpg 


s-DSC_3909.jpg 


s-DSC_3911_20180214081050583.jpg 


s-DSC_3916.jpg 


s-DSC_3914_201802140810540cc.jpg 


s-DSC_3923.jpg 


2018.02.14 / Top↑
 
セリバオウレン(芹葉黄連)キンポウゲ科 オウレン属 多年草

葉が2回3出複葉で、小葉がセリの葉のように切れこむものを、

セリバオウレンという。花は直径1㎝ほど。萼片は5~7個、花弁は

8~10個。雌雄異株。雄花には雄しべが多く、雌花には雌しべが多い。

🌷花期:3~4月 分布:本州と四国

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-DSC_3892.jpg 


s-DSC_3875_20180213080859b11.jpg 


s-DSC_3878.jpg 


s-DSC_3882.jpg 


s-DSC_3883_20180213080903239.jpg 


s-DSC_3886_201802130809046c1.jpg 


s-DSC_3888.jpg 


s-DSC_3890.jpg 


2018.02.13 / Top↑
 
ユキワリイチゲ(雪割一華) キンポウゲ科 イチリンソウ属 多年草

山麓の林のふちなどに生える多年草。根茎は太く多肉質で横にはい、しばしば

紫色を帯びる。根生葉は3小葉からなり、小葉は三角状卵形で鋸歯がある。

表面には白い斑紋があり、裏面は紫色を帯びる。茎葉は3枚が輪生する。

🌷花期:3~4月 分布:本(西部)四、九

山渓カラー名鑑 (増補改訂新版) 日本の野草

s-DSC_3839_20180210081315e17.jpg 


s-DSC_3840.jpg 


s-DSC_3841.jpg 


s-DSC_3842.jpg 


s-DSC_3843_20180210081321157.jpg 


s-DSC_3847.jpg 


s-DSC_3853_2018021008132386c.jpg 


s-DSC_3857_201802100813259cc.jpg 


s-P2040269.jpg 


2018.02.10 / Top↑