FC2ブログ

掲示板

 
マユミ(真弓、檀)ニシキギ科 ニシキギ属 小高木 低木

北海道~九州の温帯に自生。林緑や明かるい林内、尾根などにやや普通。

時に庭木、公園樹。葉身長7~13㎝、最大幅はほぼ中央。葉柄5~20㎝。

山渓ハンディ図鑑14 樹木の葉

s-A7M09469.jpg 


s-A7M09470.jpg 


s-A7M09471.jpg 


s-A7M09473.jpg 


s-A7M09479.jpg 


s-A7M09475.jpg 


s-A7M09483.jpg 


s-A7M09490.jpg 


s-A7M09487.jpg 


2019.11.26 / Top↑
 
ヤマラッキョウ(山辣韭)ネギ科 ネギ属 多年草

山野の草原に生える多年草。鱗茎は狭卵形で長さ2~3㎝、ニラ臭は弱い。

花茎は高さ30~60㎝、基部に3~5個の葉。葉は円形状で長さ20~50㎝、

幅2~5㎜、断面は鈍三角形。茎頂に紅紫色の小さな花が多数散形状につく。

🌷花期:9~10月 分布:本(福島県以南)、四、九、沖

s-A7M09465.jpg


s-A7M09441.jpg 


s-A7M09447.jpg 


s-A7M09448.jpg 


s-A7M09450.jpg 


s-A7M09452.jpg 


s-A7M09454.jpg 


s-A7M09456.jpg 


s-A7M09459.jpg  


s-A7M09454.jpg   


 


2019.11.25 / Top↑
 
ムラサキセンブリ(紫千振)リンドウ科 センブリ属 一年草

センブリに似るが、茎は太く、暗紫色を帯び、高さ30~70㎝になる。葉は長さ

2~4㎝の線状披針形、花はやや大きく、紫色。苦みはあるが薬用にはされない。

🌷花期:10~11月 分布:本(関東地方以西)、四、九

山渓ハンディ図鑑2(増補改訂新版)山に咲く花

s-A7M09398.jpg 


s-A7M09410.jpg 


s-A7M09406.jpg 


s-A7M09421.jpg 


s-A7M09430.jpg 


s-A7M09432.jpg 


s-A7M09419.jpg 


s-A7M09497.jpg 


s-A7M09509.jpg 


s-A7M09512.jpg 


2019.11.24 / Top↑
 
ツワブキ(石蕗)キク科 ツワブキ属 多年草

海岸の岩の上や崖などに生える多年草。庭などにもよく植えられ、園芸品種も

多い。根生葉は長さ10~38㎝の柄があり、葉身は長さ4~15㎝、幅6~30㎝の腎心

形で、厚くて光沢がある。葉の間から高さ30~75㎝の太い花茎をのばし、黄色

の頭花を散房状につける。そう果は長さ5~605㎜。冠毛は褐色を帯びる。

🌷花期:10~12月 分布:本(太平側では福島県以西、

日本海側では石川県以西)、四、九、沖

山溪ハンディ図鑑1(増補改訂新版)野に咲く花

s-A7M09338.jpg 


s-A7M09329.jpg 


s-A7M09330.jpg 


s-A7M09332.jpg 


s-A7M09333.jpg 


s-A7M09334.jpg 


s-A7M09335.jpg 


s-A7M09336.jpg 





2019.11.23 / Top↑
 
タイキンギク(堆金菊)キク科 キク属 多年草  

(別名:ユキミギク)黄金の花がかたまって咲く様子による。別名は

雪見菊で冬に咲くからである。和歌山県南部や高知県の海岸の崖などに

生える多年草。茎はつる状にのびて長さ2~5mになる。葉は長さ8~11㎝の

長三角形で先端はとがり、下部の葉は羽状に中裂する。茎の先に黄色の

頭花を散房状に多数つける。頭花は直径1.3~1.4㎝。

🌷花期:11~3月 分布:本(和歌山県南部)、四(高知県)

山溪ハンディ図鑑1(増補改訂新版)野に咲く花

徳島県:絶滅危惧II類  環境省:準絶滅危惧

s-N2028124.jpg 


s-N2028125.jpg 


s-N2028127.jpg 


s-N2028128.jpg 


s-N2028134.jpg 


s-N2028129.jpg 


s-N2028151.jpg 


s-N2028149.jpg 


2019.11.22 / Top↑
 
シオギク(潮菊)キク科 キク属 多年草

海岸の崖地に生え、高さ25から35センチになる。茎の中部の葉は倒卵形から

長楕円形で長さ4㎝程度、幅3センチ程度、全縁または幾つか鈍鋸歯があり、

表面緑色、葉縁は白色。裏面には丁字状毛が密生し銀白色になり質は厚い。

花期は晩秋であり、黄色の頭花をつける。

🌷花期:11~12月 分布:四国(徳島県~高知県)

徳島県:準絶滅危惧

s-A7M09342_02.jpg 


s-A7M09347_02.jpg 


s-A7M09343_02.jpg 


s-A7M09349_02 (2) 


s-A7M09349_02.jpg 


s-A7M09377_02.jpg 


s-A7M09352_02.jpg 


2019.11.21 / Top↑
 
アゼトウナ(畦唐菜)キク科 アゼトウナ属 多年草

伊豆半島以西の太平洋側の海岸の岩場などに生える多年草。茎は太くて短く、

根茎状になり、先端に根生葉を多数つける。根生葉は長さ3~10㎝、幅1~2㎝の

倒卵形で厚い。ふちには小さな鈍い鋸歯があり、先は丸く、基部は細く

柄のようになる。根生葉の葉腋から側枝をだし、上部は斜上して高さ

約10㎝になる。枝先に直径約1.5㎝の黄色の花を密につける。

🌷花期:8~12月 分布:本(伊豆半島~紀伊半島)、四、九

山溪ハンディ図鑑1(増補改訂新版)野に咲く花

s-A7M09305_01 (2) 


s-A7M09306_01 (2) 


s-A7M09307_01 (2) 


s-A7M09324_01.jpg 


s-A7M09327_01.jpg 


s-PB170011.jpg 
2019.11.20 / Top↑
 
ヤマジノギク?(山路野菊)キク科 シオン属 二年草

ヤマジノギクは茎は、よく分枝し、かたくて粗い毛が生える。根生葉は

花期には枯れる。茎葉は長さ5~7㎝、幅0.4~2㎝の倒披針形で、

基部はしだいに細くなり、両面に粗い毛があると書いてあります。

🌷花期:9~10月 分布:本(東海地方以西)、四、九

s-A7M09311.jpg 


s-A7M09312.jpg 


s-A7M09319.jpg 


s-A7M09313.jpg 


s-N2028108_01.jpg 


s-N2028110_01.jpg 


s-N2028113_01.jpg 


s-N2028115_01.jpg 


s-N2028118_01.jpg 



2019.11.19 / Top↑
 
クチナシの実(梔子) アカネ科 クチナシ属 常緑低木

アカネ科の常緑性低木で、6~7月に強い芳香をもつ白い花が咲き

クチナシの実は10~11月頃に赤黄色に熟しますが、熟しても

口を開かないことからクチナシの名前がついたそうです。

s-A7M09163.jpg 


s-A7M09164.jpg 


s-A7M09165.jpg 


s-A7M09167.jpg 


サザンカ(山茶花)ツバキ科 ツバキ属 常緑広葉樹

小高木~低木。山口、四国、九州、沖縄の暖温帯・亜熱帯に自生。

丘陵~山地の照葉樹林内にやや普通。低木、生垣、公園樹、

街路樹に普通。葉身長3~6㎝、最大幅はほぼ中央。葉柄2~5㎜。

山渓ハンデイ図鑑14 樹木の葉より

s-A7M09163 (2) 


s-A7M09171.jpg 


s-A7M09169.jpg 


2019.11.16 / Top↑
 
シマカンギク(島寒菊)キク科 キク属 多年草

(別名:アブラギク・ハマカンギク)山麓の日当たりのよいところに生える

多年草。茎は叢生し、下部は倒れ、上部は立ち上がって高さ30~80㎝になる。

葉は柄があり、長さ3~5㎝、幅2.5~4㎝で5中裂する。裏面は丁字状毛が

あるが淡緑色。頭花は黄色で直径約2.5㎝。

🌷花期:10~12月 分布:本(近畿地方以西)、四、九

山渓ハンディ図鑑2(増補改訂新版)山に咲く花

s-A7M09300.jpg 


s-A7M09299.jpg 


s-A7M09289.jpg 


s-A7M09285.jpg 


s-A7M09284.jpg 


s-A7M09281.jpg 


s-A7M09275.jpg 


s-A7M09276.jpg 


2019.11.15 / Top↑