FC2ブログ

掲示板

 
ナミキソウ(波来草)シソ科 タツナミソウ属 多年草

海岸の砂地などに生える高さ10~40㎝の多年草。細長い地下茎をのばしてふえ

茎や葉には軟毛がある。葉は対生し、長さ1.5~3.5㎝、幅1~1.5㎝の長楕円形で

先はまるく、ふちには鈍い鋸歯がある。茎の上部の葉腋に青紫色の唇形

花をつけ、2個が同じ方向を向いて咲く。花冠は長さ2~2.2㎝で、

筒部は長く、基部で急に曲がって直立する。

🌷花期:6~9月 分布:北、本、四、九

山溪ハンディ図鑑1 増補改訂新版 野に咲く花より

徳島県:絶滅危惧IA類 

s-A7M05115.jpg 


s-A7M05117.jpg 


s-A7M05118.jpg 


s-A7M05119.jpg 


s-A7M05120.jpg 


s-A7M05123.jpg 


s-A7M05124.jpg 


s-A7M05128.jpg 


s-A7M05130.jpg 


2019.05.31 / Top↑
 
ヒナラン(雛蘭)ラン科 ヒナラン属 多年草

低山の樹林下の湿った岩場や崖の岩上に生育する多年草。高さ5 - 15 cmで、やや

斜めに立つ。茎の下部に長さ 3 - 8 cm、幅 1- 2 cmの長楕円形ないし広披針形の

葉が1個つく。葉の基部は茎を抱く。地表近くに狭長楕円形の葉が1個。淡紫

色の小花が10 - 15個、一方に偏ってつく。唇弁はくさび形卵形、長さ3.5 mm。

🌷花期:6~7月 分布:本(茨城県北部及び愛知県以西)、四、九

徳島県:絶滅危惧IB類  環境省:絶滅危惧IB類

s-A7M05098.jpg 


s-A7M05101.jpg 


s-A7M05105.jpg 


s-A7M05107.jpg 


        オリンパスTG-5
s-P5260129.jpg 


s-P5260131.jpg

2019.05.30 / Top↑
 
クサナギオゴケ(草薙尾苔) キョウチクトウ科  カモメヅル属 多年草

茎は直立し、葉は対生、葉柄は長さ5~10㎜。葉身は長さ8~17㎝、幅3~5㎝

の楕円形~卵状披針形、全縁、先は鋭頭、基部は楔形。葉質は薄く、脈上に

短毛がある。花柄は細く、まばらに分枝した円錐花序に花が多数つく。花は

直径6~9㎜。花冠は無毛、星形に5裂し、表面は淡紫色、裏面は淡紅紫色が

弱い。雄しべは雌しべを囲んで短筒状に合着し、肉柱体(ずい柱)を形成

する。葯には膜質の付属体がある。 袋果は披針形、長さ4~5.5㎝。引用

🌷花期:5~6月 分布:本(関東地方、東海東海、近畿地方)、四

徳島県:絶滅危惧IB類  環境省:絶滅危惧II類

s-A7M05029.jpg 


s-A7M05031.jpg 


s-A7M05032-2.jpg 


s-A7M05057.jpg 


s-A7M05062.jpg 


s-A7M05065.jpg 


s-A7M05066.jpg 


2019.05.29 / Top↑
 
オウギカズラ(扇葛)シソ科 キランソウ属 多年草 

s-A7M04934.jpg 


s-A7M04933.jpg 


s-A7M04932.jpg 


s-A7M04931.jpg 


ギンラン(銀欄)ラン科 キンラン属 多年草

s-A7M04915.jpg


s-N2027593-2.jpg 


s-N2027589-2.jpg 


ギンランとユウシュンラン

s-A7M04917.jpg
2019.05.28 / Top↑
 
ヨウラクラン(瓔珞蘭)ラン科 ヨウラクラン属 多年草

樹幹や岩上に着生する木型の多年草。茎は長さ1~4㎝で束生し、下垂する。

葉は2列互生し、肉質、扁平で長さ約1㎝。茎頂に長さ3~8㎝の花序をつけ、

淡黄褐色の直径1㎜ほどの小さな花を総状に多数つける。

🌷花期:4~6月 分布:本(宮城県以南)、四、九、沖

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

徳島県:絶滅危惧II類


s-N2027642.jpg


s-N2027640.jpg 


s-N2027646.jpg 


s-N2027645.jpg 


s-N2027643.jpg 


s-N2027659.jpg 


s-N2027665.jpg 


2019.05.27 / Top↑
 
イヨカズラ(伊予蔓)キョウチクトウ科 カモメヅル属 多年草

(別名:スズメノオゴケ)海岸近くの草地などに生える多年草。茎は直立し

高さ30~80㎝になり、先がつる状にのびることもある。葉は対生し、長さ

3~10㎝の楕円形。両面の葉脈に短毛がある。上部の葉腋から花柄をだし、

直径8㎜ほどの淡黄白色の花を多数つける。

🌷花期:5~7月 分布:本、四、九、小笠原

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-A7M04943.jpg 


s-A7M04942.jpg 


s-A7M04939.jpg 


s-A7M04938.jpg 


s-A7M04937.jpg 


s-A7M04935.jpg 


2019.05.26 / Top↑
 
イワネコノメソウ(岩猫の目草)ユキノシタ科 ネコノメソウ属 多年草

温帯林におおわれた沢沿いの湿地に生える多年草。根出葉は花期には枯れて

残らない。花茎は高さ3~12㎝。茎葉は1~2対が対生する。葉は扇形または

円腎形で、長さ2~8㎜、幅3~10㎜、上部のふちに鋸歯がある。基部は切形ま

たは広いくさび形で長柄がある。花後に花茎の基部から地上性の走出枝がのび

4~5対の葉をつける。葉は円形~円腎形で、長さ2~18㎜。先端のものほど

大きい。花は径3~4㎜。萼裂片は緑色で、ときに部分的に暗赤紫色を帯びる。

花盤は淡緑色、雄しべ8個。蒴果は斜開。種子は18~20個、卵形で長さ約1㎜。

🌷花期:4~5月 分布:本(関東、東海地方)、四、九

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-A7M04530.jpg 


s-A7M04531.jpg 


s-A7M04532.jpg 


s-A7M04534.jpg 


s-A7M04538.jpg 


s-A7M04540.jpg 


s-A7M04532_2019052210050215b.jpg 


s-A7M04539.jpg 


s-A7M04542.jpg 


2019.05.25 / Top↑
 
ウスキムヨウラン(薄黄無葉蘭)ラン科 ムヨウラン属 多年草

開花時の高さ7~30㎝。ムヨウラン属では小柄。2~8個の花をつける。

花柄子房が花序からあまり離れず、やや上向きに咲く。花は萼片、

側花弁ともに長さ11~15㎜、淡黄褐色であまり開かず、唇弁は

白色地に赤紫色の毛が目立ち、反り返る。

🌷花期:5~7月 分布:本(関東地方以南)、四、九、琉

日本の蘭 ハンドブック ➀低地・低山編より

徳島県:絶滅危惧II類 

s-A7M04984.jpg 


s-A7M04960.jpg 


s-A7M04964.jpg 


s-A7M04963.jpg 


s-A7M04966.jpg 


s-A7M04973.jpg 


s-A7M04979-2.jpg 


s-A7M04991.jpg 


s-A7M04988.jpg 


s-A7M04990.jpg 












2019.05.24 / Top↑
 
イチヨウラン(一葉蘭)ラン科 イチヨウラン属 多年草

深山の林内に生える多年草。根茎は細く短い。葉は1個、卵円形で長さ3~6㎝。

花茎は高さ10~20㎝、先に1個の花をつける。萼片、側花弁は淡緑色で紫色の

斑点がある。唇弁は3裂し、中裂片は大きく、白色で紫色の斑点がある。

🌷花期:5~7月 分布:北

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

徳島県:絶滅危惧IA類  

s-A7M04183.jpg 


s-A7M04800.jpg 


s-A7M04802.jpg 


s-A7M04805.jpg 


s-A7M04806.jpg 


s-A7M04803.jpg 


s-s-A7M04797.jpg 


s-s-A7M04799.jpg 




2019.05.23 / Top↑
 
フタバアオイ(双葉葵)ウマノスズクサ科 カンアイオ属 多年草

(別名:カモアオイ)山地の林内に生える多年草。茎は地をはってのび、

先に2個の葉を対生する。葉は長さ4~8㎝の卵心形で両面に白短毛がある。

花は葉柄基部に1個つき、紫褐色で直径約1.5㎝。萼片3個は下半部は

三角状で強くそり返る。徳川家の紋として有名。また、賀茂神社の

葵祭りに用いるので賀茂葵ともいう。

🌷花期:3~5月 分布:北、本、四、九

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-A7M04545.jpg 


s-A7M04546.jpg 


s-A7M04547.jpg 


s-A7M04548.jpg 


s-A7M04549.jpg 


s-A7M04557.jpg 


2019.05.22 / Top↑