FC2ブログ

掲示板

 
カキドオシ(垣通し)シソ科 カキドオシ属 多年草

(別名:カントリソウ)花のあと茎がつる状になり、垣根を通り抜けての

びることによる。つるの節から根をだしてふえる。子供の癇をとる薬にする

ので癇取草ともいう。野原や道ばたに生える高さ5~25㎝の多年草。茎や葉を

もむといい香りがする。葉は対生し、長さ1.5~2.5㎝、幅2~3㎝の腎円形で鈍

い鋸歯がある。葉腋に長さ1.5~2.5㎝の淡紫色の唇形花を1~3個ずつつける。

🌷花期:4~5月 分布:北、本、四、九

山渓ハンディ図鑑1 増補改訂新版 野に咲く花より

s-A7M03339.jpg 


s-A7M03341.jpg 


s-A7M03342.jpg 


s-A7M03344.jpg 


s-A7M03343.jpg 


s-A7M03345.jpg 


s-A7M03347.jpg 






2019.03.31 / Top↑
 
バイカイカリソウ(梅花碇草) メギ科 イカリソウ属 多年草

山地の林内に生える常緑多年草。高さ20~30㎝。根生葉は1~2回2出複葉。

小葉はゆがんだ卵形で長さ3~5㎝、先は鈍く、ふちの刺毛はないかあっても

少なく、裏面の毛も少ない。花は知白色、距がない。

🌷花期:4~5月 分布:本(中国地方)、四、九

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-A7M03349.jpg


s-A7M03350.jpg 


s-A7M03351.jpg 


s-A7M03368.jpg 


s-A7M03372.jpg 


s-A7M03374.jpg 


s-A7M03379.jpg 


s-A7M03382.jpg 


s-A7M03383.jpg 


s-A7M03388.jpg 


2019.03.30 / Top↑
 
ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)ケシ科 キケマン属 多年草

伊勢地方で子供がこれを次郎坊、スミレを太郎坊と呼んで、花の距を

ひっかけて遊んだことに由来する。漢方ではこの仲間の塊茎を乾燥した

ものを延胡索と呼び、鎮痛などに用いる。川岸、山地などに生える高さ

10~20㎝の多年草。地下に直径約1㎝のまるい塊茎があり、数個の根生葉

と花茎をだす。塊茎は毎年新しいものが古い塊茎の上に重なってできる。

葉は2~3回3出複葉。茎葉はふつう2個つく。花は紅紫色~青紫色で

長さ1.2~2.2㎝。蒴果は長さ約2㎝の線形。

🌷花期:4~5月 分布:本(関東地方以西)、四、九

山渓ハンディ図鑑1 増補改訂新版 野に咲く花より

s-A7M03268.jpg 


s-A7M03269.jpg 


s-A7M03270.jpg 


s-A7M03279.jpg 


s-A7M03273.jpg 


s-A7M03274.jpg 


s-A7M03275.jpg 


s-A7M03278.jpg 


s-A7M03281.jpg 


2019.03.29 / Top↑
 
ユリワサビ(百合山葵)アブラナ科 ワサビ属 多年草

山野の谷沿いや湿気の多い森林中に生える小形の多年草。全体に無毛。根生葉は

長い柄があり、卵状腎形で先はほぼ円形、基部は心形で長さ幅ともに2~5㎝、

ふちに波状の鋸歯がある。13~15㎝の茎を数本立て、先に短い総状花序をだし、

有柄で白色の小さな十字状かをまらばに聞く。萼片は楕円形。花弁は広いヘラ形

🌷花期:3~5月 分布:北、本、四、

山溪カラー名鑑 増補改訂新版 日本の野草より

s-A7M03223.jpg 


s-A7M03228.jpg 


s-A7M03229.jpg 


s-A7M03230.jpg 


                        オリンパスTG-5
s-P3210062.jpg 


s-P3210063.jpg 


s-P3210064.jpg 

s-P3210067.jpg 


2019.03.28 / Top↑
 
ミスミソウ(三角草)キンポウゲ科 スハマソウ属 多年草

落葉樹林内に生える常緑の多年草。葉は根生し、長柄があり、葉身は

3浅裂し、先はとがる。花は直径1~1.5㎝、花弁状の萼片は6~10個、

長楕円形で、白色、淡紫色、淡青紫色、淡紅色など変異が多く、とくに

日本海側のものは花が大きく、色も濃い。

🌷花期:3~4月 分布:本(中部地方以西)、九

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

徳島県:絶滅危惧IA類  環境省:準絶滅危惧

s-A7M03188.jpg 


s-A7M03191.jpg 


s-A7M03194.jpg 


s-A7M03198.jpg 


s-A7M03200.jpg 


s-A7M03204.jpg 


s-A7M03206.jpg 


s-A7M03209.jpg 

s-A7M03211.jpg 


s-A7M03213.jpg 


2019.03.27 / Top↑
 
トサコバイモ(土佐小貝母)ユリ科 バイモ属 多年草

和名は土佐(高知県)産のコバイモの意味。ホソバナコバイモに酷似

しているが、葯が紫色をしていることで区別される。また、花被片には

網目状の斑紋があり、内面の下部は黒色を帯びる。

🌷花期:3~4月 分布:四、九(中部)

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

徳島県:絶滅危惧IA類  環境省:絶滅危惧II類

s-A7M03435.jpg 


s-A7M03438.jpg 


s-A7M03442-2.jpg 


s-A7M03444.jpg 


s-A7M03445.jpg 


s-A7M03453.jpg 


s-A7M03455.jpg 


s-A7M03458.jpg 


s-A7M03460.jpg 


s-A7M03462.jpg 


2019.03.26 / Top↑
 
スズシロソウ(蘿蔔草) アブラナ科 ヤマハタザオ属 多年草

和名は花がダイコン(昔の呼び名がスズシロ)の花によく似ていることに

よる。山地谷沿いに生える多年草。高さ10~25㎝。根生葉は倒卵状へら形で

長さ3~7㎝、茎葉は1~2㎝、粗い鋸歯がある。総状の花序に白色の4弁花を

開く。角果は線形で長さ1~3㎝。花後に基部から葉をつけた総出枝をだす。

🌷花期:4~6月 *分布:本(近畿地方以西、九)

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-A7M03136.jpg 


s-A7M03135.jpg 


s-A7M03134.jpg 


s-A7M03133.jpg 


s-A7M03131.jpg 


s-A7M03129.jpg 


s-A7M03126.jpg 


2019.03.25 / Top↑
 
レンプクソウ(連福草)レンプクソウ科 レンプクソウ属 多年草

(別名:ゴリンバナ)昔、この草の地下茎がフクジュソウにつながっているのを

見た人がつけたものという。別名は花が5個集まってつくことによる。林内に

生える高さ8~17㎝の多年草。白色の細長い地下茎をのばし、先端に小さな球茎

をつくってふえる。根生葉は2回3出複葉で長い柄があり、小葉は羽状に中裂

する。茎葉は小さく、1対が対生する。花は黄緑色で直径4~6㎜。果実は核果。

🌷花期:3~5月 分布:北、本、九

山渓ハンディ図鑑1 増補改訂新版 野に咲く花より

s-A7M03138.jpg 


s-A7M03139.jpg 


s-A7M03149.jpg 


s-A7M03151.jpg 


s-A7M03152-2.jpg 


s-A7M03153-2.jpg 


s-P3170242 - 2 


2019.03.24 / Top↑
 
ヤマネコノメソウ(山猫の目草)ユキノシタ科 ネコノメソウ属 多年草

湿った林内に生える高さ10~20㎝の多年草。全体に長毛を散生する。

走出枝はなく、茎葉は互生し、腎円形で長さ1~3㎝、平らな鋸歯がある。

萼裂片は黄緑色で平開する。雄しべは8個、ときに4個、葯は黄色、

花茎の基部に有毛の珠芽ができる。

🌷花期:3~4月 分布:北、本、四、九

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-A7M03115.jpg 


s-A7M03117.jpg 


s-A7M03119.jpg 


s-A7M03121.jpg 


s-A7M03141.jpg 


s-A7M03143.jpg 






2019.03.23 / Top↑
 
カテンソウ(花点草)イラクサ科 カテンソウ属 多年草 

山野の木陰などに群生する高さ10~30㎝の多年草。葉は互生し、長さ、幅とも

1~3㎝の菱形状卵形で、ふちに深い鋸歯がある。雌雄同株。雄花序は上部の

葉腋につき、長い柄がある。雄花の花被片は5個、雄しべも5個ある。雌花序

は柄がなく、葉腋にかたまってつくので目立たない。雌花の花被片は4個で、

先端に剛毛がある。果実はそう果で果被に包まれ、熟すと花被から落ちる。

🌷花期:4~5月 分布:本、四、九

山渓ハンディ図鑑1 増補改訂新版 野に咲く花より

s-A7M03048.jpg 


s-A7M03049.jpg 


s-A7M03052.jpg 


s-A7M03053.jpg 


s-A7M03054.jpg 


2019.03.22 / Top↑