FC2ブログ

掲示板

 
ウメバチソウ(梅鉢草)ニシキギ科 ウメバチソウ属 多年草

山野の日当たりのよい湿地に生える多年草。葉身は長さ幅とも4㎝の広卵形で、

基部は心形。花茎は高さ10~40㎝、茎頂に直径2~2.5㎝の白色の花を1個を

上向きに開く。花弁は5個、雄しべは5個。花粉をださない仮雄しべ5個は先が糸

状に12~22裂し先端に小さい球状の黄色い腺体がつく。雌しべの柱頭は4裂する。

🌷花期:8~10月 分布:北、本、四、九

山渓ハンディ図鑑2(増補改訂新版)山に咲く花

徳島県:準絶滅危惧

s-N2026121.jpg 


s-N2026122.jpg 


s-N2026126.jpg 


s-N2026128.jpg 


s-N2026155.jpg 


s-N2026157.jpg 


s-N2026162.jpg 


s-N2026164.jpg 


2018.10.31 / Top↑
 
ナギナタコウジュ(薙刀香需) シソ科 ナギナタコウジュ属 一年草

花穂がそり返り、花が片側につく様子をナギナタにたとえた。香需は漢名。

山地や道ばたに生える高さ30~60㎝の1年草。全体に強い香りがする。葉

は対生し、長さ3~9㎝、幅1~4㎝の卵形~狭卵形で先はとがり、ふちには

鋸歯がある。枝先に花穂をだし、淡紅紫色の小さな花をつける。花冠は長さ

約5㎜の唇形で、ふちは細かく裂け、毛が生えているように見える。

🌷花期:9~10月 分布:北、本、四、九

山渓ハンディ図鑑1 増補改訂新版 山に咲く花より



s-N2025906.jpg


s-N2025907.jpg 


s-N2025909.jpg 


s-N2025910.jpg 


s-N2025911.jpg 


s-N2026058.jpg 


s-N2026060.jpg 


2018.10.30 / Top↑
 
トサトウヒレン(土佐塔飛廉)キク科 トウヒレン属  多年草

根生葉は長さ5~13㎝の卵形~狭長楕円形、長い葉柄がある。

頭花は上向きにつく。雄しべの葯筒が紫褐色で目立つ。

総苞は長さ約12㎜の筒形。

🌷花期:9~10月 分布:四国

徳島県:絶滅危惧II類  環境省:絶滅危惧II類

s-N2026066.jpg


s-N2026040.jpg 


s-N2026048.jpg 


s-N2026052.jpg 


s-N2026054.jpg 


s-N2026065.jpg 


s-N2026068.jpg 


s-N2026069.jpg 











2018.10.29 / Top↑
 
センブリ(千振)リンドウ科 センブリ属 二年草

日当たりのよい草地に生える2年草。全草に苦みがある。茎は高さ20~

25㎝になり、淡紫色を帯びる。葉は対生し、長さ1~4㎝の細長い線形。

花は直径2~3㎝、5深裂し、裂片は白色で紫色のすじがある。

🌷花期:9~11月 分布:北(西南部)、本、四、九

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-N2026072.jpg 


s-N2026075.jpg 


s-N2026078.jpg 


s-N2026076.jpg 


s-N2026087.jpg 


s-N2026089.jpg 


2018.10.28 / Top↑
 
アサマリンドウ(朝熊竜胆) リンドウ科 リンドウ属 多年草

和名は三重県の朝熊山に由来する。山地の林内に生える高さ10~25㎝の多年

草。葉は数個が対生し、卵形または長楕円形で長さ3~8㎝、先はとがり、

波状のしわがあり、すこし光沢がある。花は青紫色で長さ4~5㎝、茎頂お

よび上部の葉腋に数個つく。萼筒は長さ1㎝ほど、裂片は卵形で平開する。

🌷花期:9~11月 分布:本(紀伊半島南部、中国地方)、四、九

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-N2026023.jpg 


s-N2026081.jpg 


s-N2026083.jpg 


s-N2026084.jpg 


s-N2026085.jpg 


s-N2026086.jpg 


s-P1044533.jpg 




2018.10.27 / Top↑
 
キッコウハグマ(亀甲白熊)キク科 モミジハグマ属 多年草

山地のやや乾いた木陰に生える小さな多年草。茎は高さ10~30㎝になる

。葉は茎の下部に5~11個集まってつき、長い柄があり、心形で長さ1~3㎝、

ふつう五角形または5浅裂する。頭花は3個の小花からなり、花冠は白色。

閉鎖花を結ぶことが多い。そう果は長さ4.5㎜ほど、密毛がある。

🌷花期:9~10月 分布:北、本、四、九

山渓ハンディ図鑑2(増補改訂新版)山に咲く花


s-N2025992.jpg 


s-N2025999.jpg 


s-N2026004.jpg 


s-N2026012.jpg 


s-N2026013.jpg 


s-N2026029.jpg 










2018.10.26 / Top↑
 
オオバヤドリギ(大葉寄生木)オオバヤドリギ科 オオバヤドリギ属

(別名:コガノヤドギリ)ヤドリギ科の常緑寄生低木。カシの類

シイ,ヤブニッケイなど常緑広葉樹
に寄生する。葉は対生し

広楕円形または卵円形,革質で厚く裏面には赤褐色

星状毛があり,一見グミに似ている。


🌷花期:9~10月 分布:本(関東地方南部以西)、四、九、沖

徳島県:絶滅危惧IA類

s-N2025965.jpg 


s-N2025967.jpg 


s-N2025971.jpg 


s-N2025972.jpg 


s-N2025977.jpg 


s-N2025980.jpg 


s-N2025982.jpg 


s-N2025985.jpg 


s-N2025988.jpg 





2018.10.25 / Top↑
 
ヒロハテイショウソウ(広葉禎祥草)キク科 モミジハグマ属 多年草

海岸付近の低山地に分布する、高さ30-60cmの多年草。テイショウソウの

変種で、茎ははじめのうち褐色の毛で覆われているが、後に無毛となる。

葉はテイショウソウと異なり、長楕円形で欠刻があり、鋸歯も明瞭。

🌷花期:10~11月 分布:本(静岡県西部以西)、四

徳島県:絶滅危惧IB類

s-N2025923.jpg 


s-N2025924.jpg 


s-N2025926.jpg 


s-N2025932.jpg 


s-N2025933.jpg 


s-N2025936.jpg 


s-N2025940.jpg 


s-N2025945.jpg 


s-N2025955.jpg 


2018.10.24 / Top↑
 
ウチワダイモンジソウ(団扇大文字草) ユキノシタ科 ユキノシタ属 多年草

ピンクのウチワダイモンジソウ

s-N2025877.jpg 


s-N2025878.jpg 


s-N2025882.jpg 


s-N2025894.jpg 


s-PA140189.jpg 


s-N2025887.jpg 


2018.10.23 / Top↑
 
ウチワダイモンジソウ(団扇大文字草) ユキノシタ科 ユキノシタ属 多年草

ウチワダイモンジソウはダイモンジソウの変種だそうです。葉っぱが違う

ようなのですが中々見分け難いです。ダイモンジソウの葉の基部は心形で5

~17浅裂する。
ウチワダイモンジソウの葉は倒卵形で幅が狭く長さ2~5

センチと小さく掌状に3~7浅裂するとなっています。

🌷花期:7~10月 分布:本州~九州

 s-N2025820.jpg


s-N2025822.jpg 


s-N2025823.jpg 


s-N2025828.jpg 


s-N2025835.jpg 


s-N2025836.jpg 


s-N2025842.jpg 


s-N2025856.jpg 


2018.10.22 / Top↑