FC2ブログ

掲示板

 
イヨカズラ(伊予蔓)キョウチクトウ科 カモメヅル属 多年草

(別名:スズメノオゴケ)海岸近くの草地などに生える多年草。茎は直立し

高さ30~80㎝になり、先がつる状にのびることもある。葉は対生し、長さ

3~10㎝の楕円形。両面の葉脈に短毛がある。上部の葉腋から花柄をだし、

直径8㎜ほどの淡黄白色の花を多数つける。

🌷花期:5~7月 分布:本、四、九、小笠原

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-N2022398.jpg 


s-N2022402.jpg 


s-N2022405.jpg 


s-N2022416.jpg 


s-N2022417.jpg 


s-N2022418.jpg 

2018.05.31 / Top↑
 
コナミキ(小浪来) シソ科 タツナミソウ属 多年草

海岸に近い林縁や礫浜の草地に生える多年草。地下茎は細くて長く、茎は細く

直立し高さ20〜40㎝になり、まばらに開出毛と腺毛がある。葉は対生し、

心形で、上面には軟毛があり下面には軟毛と腺点があり、上部の葉は小さく

ほとんど無柄だが、中部の葉は長さ2㎝以上になり長い葉柄がある。引用

🌷花期:5月~6月 分布:本、四、九、沖

徳島県:絶滅危惧IA類  環境省:絶滅危惧II類

今年の開花が早かったのか、行くのが遅かったのか

僅かの咲き残りを撮影


s-N2022367.jpg 


s-N2022370.jpg 


s-N2022375.jpg 


s-N2022378.jpg 


s-N2022380.jpg 


s-N2022373.jpg 



2018.05.30 / Top↑
 
クサナギオゴケ(草薙尾苔) キョウチクトウ科  カモメヅル属 多年草

茎は直立し、葉は対生、葉柄は長さ5~10㎜。葉身は長さ8~17㎝、幅3~5㎝

の楕円形~卵状披針形、全縁、先は鋭頭、基部は楔形。葉質は薄く、脈上に

短毛がある。花柄は細く、まばらに分枝した円錐花序に花が多数つく。花は

直径6~9㎜。花冠は無毛、星形に5裂し、表面は淡紫色、裏面は淡紅紫色が

弱い。雄しべは雌しべを囲んで短筒状に合着し、肉柱体(ずい柱)を形成

する。葯には膜質の付属体がある。 袋果は披針形、長さ4~5.5㎝。引用

🌷花期:5~6月 分布:本(関東地方、東海東海、近畿地方)、四

徳島県:絶滅危惧IB類  環境省:絶滅危惧II類

s-N2022328_2018052908022274e.jpg 


s-N2022332_20180529080223f65.jpg 


s-N2022351_20180529080225c7c.jpg 


s-N2022352_201805290802260cb.jpg 


s-N2022355_20180529080227ea4.jpg 


s-N2022362_201805290802292bf.jpg 


s-N2022363_20180529080231605.jpg


シロバナクサナギオゴケ(白花草薙尾苔)キョウチクトウ科 カモメズル属

多年草。クサナギオゴケの白花品種。

🌷花期:5~6月 分布: 本(関東地方、東海東海、近畿地方)、四

s-N2022336_20180529080249048.jpg 


s-N2022348_20180529080251622.jpg 


s-N2022349_2018052908025317b.jpg 




2018.05.29 / Top↑
 
ヒナラン(雛蘭)ラン科 ヒナラン属 多年草

低山の樹林下の湿った岩場や崖の岩上に生育する多年草。高さ5 - 15 cmで、やや

斜めに立つ。茎の下部に長さ 3 - 8 cm、幅 1- 2 cmの長楕円形ないし広披針形の

葉が1個つく。葉の基部は茎を抱く。地表近くに狭長楕円形の葉が1個。淡紫

色の小花が10 - 15個、一方に偏ってつく。唇弁はくさび形卵形、長さ3.5 mm。

🌷花期:6~7月 分布:本(茨城県北部及び愛知県以西)、四、九

徳島県:絶滅危惧IB類  環境省:絶滅危惧IB類

s-N2022390.jpg 


s-N2022391.jpg 


s-N2022392.jpg 


s-N2022394.jpg 


s-N2022395.jpg 


s-P5270146.jpg 


2018.05.28 / Top↑
 
イワボタン(岩牡丹)ユキノシタ科 ネコノメソウ属 多年草

太平洋側の山地谷沿いの湿地に生える多年草。花後走出枝がのびる。

根生葉は有柄。茎葉は1~2対、長さ1~5㎝、灰褐色斑紋が入る。

上部の苞と萼裂片は黄緑色。雄しべは4~8個で、葯は黄色。

🌷花期:4月 分布:本(関東地方以西の太平洋側)

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-N2021242.jpg 


s-N2021304.jpg 


s-N2021301.jpg 


s-N2021312.jpg 


s-P4300117.jpg 


s-P4300123_20180526081259240.jpg 


s-P4300126.jpg 


2018.05.27 / Top↑
 
タチネコノメソウ(立猫の目草)ユキノシタ科 ネコノメソウ属 多年草

谷沿いの水湿地に生え、地中に走出枝をのばす。根生葉は円形で長さ

4~17㎜、基部は心形。花茎は高さ5~10㎝。1~2個の葉を互生する。

花は直径約3㎜。萼裂片は緑色で平開する。葯は黄色。

🌷花期:4~5月 分布:本(関東地方以西)、四、九

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-N2021277.jpg


s-N2021248.jpg 


s-N2021270.jpg 


s-N2021256.jpg 


s-N2021798.jpg 


2018.05.26 / Top↑
 
ヒトツボクロ(一黒子)ラン科 ヒトツボクロ属 多年草

やや乾いた林内に生える多年草。葉は1個、長卵形で長さ4~7㎝、

暗緑色で中脈が白く、裏面は紫褐色を帯びる。花茎は細く

高さ15~25㎝、小さな花を数個つける。

🌷花期:5~6月 分布:本、四、九

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

徳島県:絶滅危惧IB類

開花までもう少し

s-N2022147.jpg 


s-N2022148.jpg 


s-N2022151.jpg 


s-N2022152.jpg 


s-N2022157.jpg 


s-N2022161.jpg 




2018.05.25 / Top↑
 
ヤマボウシ(山法師)ミズキ科 ミジキ属 小低木

本州~沖縄の温帯に自生。山地の林内にやや普通。庭木、公園樹、街路樹に

やや普通。葉身長5~10㎝、最大幅は基部寄り~中央。葉柄0.4~1.2㎝。葉は

ほぼ円形~卵形で、弧を描く側脈が目立ち、葉裏の脈腋に毛叢が少しあり、

樹皮は鱗状にはがれる。花は総苞片の先が尖り、実は集合果で径2㎝前後の球形。

🌷花期:5~7月  山溪ハンデい図鑑14 樹木の葉より

s-N2022100.jpg 


s-N2022104.jpg 


s-N2022107.jpg 


s-N2022108.jpg 


s-N2022109.jpg 


s-N2022115.jpg 


s-N2022116.jpg 


2018.05.24 / Top↑
 
ソクシンラン(束心蘭)ノギラン科 ソクシンラン属 多年草

和名は叢生する葉の中心花茎をだすことによる。日当たりのよい草地や

人里にはえる多年草。根生葉は多数叢生し、線形で長さ10~30㎝。

花茎は高さ30~50㎝。穂状花序は長さ約20㎝になり、上部が淡紅色を

帯びた白色の小さな花を多数つける。

🌷花期:4~6月 分布:本(関東地方以西)四、九、沖

山渓ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

徳島県:準絶滅危惧

s-N2022121.jpg 


s-N2022124.jpg 


s-N2022125.jpg 


s-N2022135.jpg 


s-N2022143.jpg 


s-N2022146.jpg 




2018.05.23 / Top↑
 
コケイラン(小蕙蘭)ラン科 コケイラン属 多年草

(別名:ササエビネ)山地のやや湿った林内に生える多年草。

偽球茎は卵形。葉はふつう2個、披針形で長さ約25㎝。花茎は高さ

30~40センチ、多数の花を総状につける。萼片と側花弁は黄褐色

披針形で長さ約1㎝、唇弁は同長、白色で紅紫色斑点がある。

🌷花期:5~6月 分布:北、本、四、九

s-N2021703.jpg 


s-N2021712.jpg 


s-N2021760.jpg 


s-N2021763.jpg 


s-N2021764.jpg 





2018.05.22 / Top↑