FC2ブログ

掲示板

 
ケスハマソウ(毛州浜草)キンポウゲ科 スハマソウ属 多年草

s-DSC_4378.jpg 


s-DSC_4331.jpg 


s-DSC_4341_2018022807511990d.jpg 


s-DSC_4374.jpg 


s-DSC_4375.jpg 


s-DSC_4382_201802280751247ba.jpg 


s-DSC_4383.jpg 


s-DSC_4385.jpg 


2018.02.28 / Top↑
 
セツブンソウ(節分草)キンポウゲ科 セツブンソウ属 多年草

主に石灰岩地の樹林内に群生する高さ5~15㎝の多年草。葉身は掌状で幅3~

5㎝、3全裂し、さらに細列する。茎葉は花茎の上部に2個対生し、3深裂し

長さ幅とも3~4㎝茎先に直径約2㎝の白い花を開く。花弁の部分は萼片で

5個あり、卵形で長さ1~1.5㎝、花弁は2裂し、先端は黄色の密腺に変化

している。雄しべは多数、雌しべは2~5個。果実は袋果で無毛、長さ約1㎝。

種子は数個つき、球状で褐色。名のとおり、早春、節分の頃に開花し、

初夏に地上部が枯れる、いわゆるスプリング・エフェメラルのひとつ。

🌷花期:2~3月 分布:本(関東地方、中部地方)

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-DSC_4272.jpg 


s-DSC_4277.jpg 


s-DSC_4280_20180227074245076.jpg 


s-DSC_4281.jpg 


s-DSC_4286.jpg 


s-DSC_4300.jpg 


s-DSC_4317.jpg 


s-DSC_4320.jpg 


s-DSC_4328.jpg 


s-DSC_4330.jpg 


2018.02.27 / Top↑
 
2018年2月25日(日曜日)曇り 岡山県

ホソバナコバイモ(細花小貝母)ユリ科 バイモ属 多年草

花は細い筒状鐘形で、長さ約1.5㎝。花被片は網目状の斑紋がほとんどなく、

条線がある。内面基部に腺体があり、外面の突起は目立たない。葯は白色。

🌷花期:3~5月 分布:本(中国地方)、九

増補改訂版 山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花

今年は少し咲くのが遅く蕾が多かったです

s-DSC_4233_20180226081803fcf.jpg 


s-DSC_4236.jpg 


s-DSC_4237.jpg 


s-DSC_4238.jpg 


s-DSC_4245.jpg 


s-DSC_4248.jpg 


s-DSC_4252.jpg 


s-DSC_4254.jpg 


s-DSC_4255.jpg


斑入り

s-DSC_4266.jpg 







2018.02.26 / Top↑
 
ハクバイ(白梅)バラ科 アンズ属 小高木

s-DSC_1765.jpg 


s-DSC_1767.jpg 


s-DSC_1768.jpg 


s-DSC_1770_201802240805103b7.jpg 


s-DSC_1773.jpg 


s-DSC_1774.jpg 


s-DSC_1776.jpg 


s-DSC_1778.jpg 


s-DSC_1783.jpg 


s-DSC_1784_20180224080519dca.jpg 



2018.02.24 / Top↑
 
コウバイ(紅梅)バラ科 アンズ属 小高木

s-DSC_1748.jpg 


s-DSC_1751.jpg 


s-DSC_1749.jpg 


s-DSC_1753.jpg 


s-DSC_1754.jpg 


s-DSC_1756.jpg 


s-DSC_1758.jpg 


s-DSC_1759.jpg 


s-DSC_1760_20180223080532901.jpg 


s-DSC_1762.jpg 


2018.02.23 / Top↑
 
ギンヨウアカシア(銀葉アカシア)マメ科 アカシア属 小高木

(別名:ミモザ)オーストラリア原産。暖地で時に庭木、公園樹。

長さ4~8㎝の2回偶数羽状複葉。破片は2~5対。小葉は8~25対、

長さ4~6㎜。樹高4~8m。 花期:2~4月

山溪ハンディ図鑑14 樹木の葉より

s-DSC_1737.jpg 


s-DSC_1738.jpg 


s-DSC_1741.jpg 


s-DSC_1742.jpg 


s-DSC_1743_2018022207581288e.jpg 


s-DSC_1744_20180222075813019.jpg 


s-DSC_1745.jpg 


2018.02.22 / Top↑
 
ホソバオウレン?(細葉黄連)キンポウゲ科 オウレン属 多年草

高知のコセリバオウレンよりも、小さな小さな花

s-DSC_4225.jpg 


s-DSC_4201.jpg 


s-DSC_4202.jpg 


s-DSC_4206.jpg 


s-DSC_4207.jpg 


s-DSC_4211.jpg 


s-DSC_4214_20180221075117aa8.jpg 


s-DSC_4216.jpg 


s-DSC_4219_20180221075119f26.jpg 


s-DSC_4231.jpg 


2018.02.21 / Top↑
 
セリバオウレン(芹葉黄連)キンポウゲ科 オウレン属 多年草

ある所の神社のセリバオウレンが咲き始めました

s-DSC_4020.jpg 


s-DSC_4017_201802200756058d2.jpg 


s-DSC_4018.jpg 


s-DSC_4021_20180220075609063.jpg 


s-DSC_4023.jpg 


s-DSC_4025.jpg 


s-DSC_4029.jpg 


s-DSC_4031.jpg 


s-DSC_4034.jpg 


s-DSC_4038.jpg 


s-DSC_4042.jpg 


s-DSC_4048.jpg 





2018.02.20 / Top↑
 
ビックひな祭りが2月18日から開催されています。

s-DSC_4174.jpg 


勝浦 坂本の奥座敷に行って来ました。

s-DSC_4079_01_201802191031368f9.jpg 


s-DSC_4138.jpg 


s-DSC_4083.jpg 


s-DSC_4085.jpg 


s-DSC_4105.jpg 


s-DSC_4142_2018021910341090e.jpg 


s-DSC_4154.jpg 


s-DSC_4150.jpg 


s-DSC_4159_20180219103415197.jpg 


s-DSC_4148.jpg 


s-DSC_4161_201802191034166a3.jpg 


s-DSC_4163_2018021910341798c.jpg 


s-DSC_4164.jpg 


s-DSC_4165_20180219103420695.jpg 


s-DSC_4178.jpg 


s-DSC_4180.jpg 


s-DSC_4182.jpg 


s-DSC_4183_201802191035042ed.jpg 


s-DSC_4184.jpg 


s-DSC_4191_20180219103506da2.jpg 


s-DSC_4195.jpg 


2018.02.19 / Top↑
 
ナンテン(南天)メギ科 ナンテン属 低木

中国原産。日本自生説説もある。東北南部~九州の温暖帯の林内や岩場にやや普通。

庭木に普通。長さ30~80㎝の2~3回奇数羽状複葉。小葉は長さ2~9㎝。

山溪ハンディ図鑑14 樹木の葉より

s-DSC_3927.jpg 


s-DSC_3925.jpg 


s-P2110054.jpg



s-P2110052.jpg 


 s-P2110056.jpg




2018.02.17 / Top↑