FC2ブログ

掲示板

 
ムラサキセンブリ(紫千振)リンドウ科 センブリ属 多年草

s-DSC_0510.jpg 


s-DSC_0495.jpg 


s-DSC_0501.jpg 


s-DSC_0506.jpg 


s-DSC_0520_2017112908011468f.jpg 


s-DSC_0518_201711290801143bf.jpg 


s-DSC_0522.jpg 


s-DSC_0535.jpg 


s-DSC_0538.jpg 


s-DSC_0539.jpg 


s-DSC_0542.jpg 


s-DSC_0551_2017112908012216f.jpg 


2017.11.30 / Top↑
 
ツワブキ(石蕗)キク科 ツワブキ属 多年草

海岸の岩の上や崖などに生える多年草。庭などにもよく植えられ、園芸品種も

多い。根生葉は長さ10~38㎝の柄があり、葉身は長さ4~15㎝、幅6~30㎝の腎心

形で、厚くて光沢がある。葉の間から高さ30~75㎝の太い花茎をのばし、黄色

の頭花を散房状につける。そう果は長さ5~605㎜。冠毛は褐色を帯びる。

🌷花期:10~12月 分布:本(太平側では福島県以西、

日本海側では石川県以西)、四、九、沖

山溪ハンディ図鑑1(増補改訂新版)野に咲く花

s-DSC_0418.jpg 


s-DSC_0427.jpg 


s-DSC_0428.jpg 


s-DSC_0430.jpg 


s-DSC_0433.jpg 







2017.11.29 / Top↑
 
マルバハダカホオズキ(丸葉裸酸漿)ナス科 ハダカホオズキ属 多年草

草丈60~90cmの多年草。茎は直立して多く枝分かれし、無毛。葉は単葉の卵形

~卵状長楕円形で、長さ6~23cm、幅3~9cm。厚みがあり、先は鈍頭。

花は葉腋から細い柄を出し、数個下向きに咲く。花冠は杯形で5裂し、

淡黄色の径約8mm。液果は赤熟し、径8~10mm。

🌷花期:8~9月 分布:四、九、沖

徳島県:絶滅危惧II類

s-DSC_0441.jpg 


s-DSC_0442.jpg 


s-DSC_0443.jpg 


s-DSC_0445.jpg 


s-DSC_0448.jpg 


s-DSC_0450_2017112708120285d.jpg 


2017.11.28 / Top↑
 
タイキンギク(堆金菊)キク科 キク属 多年草  

(別名:ユキミギク)黄金の花がかたまって咲く様子による。別名は

雪見菊で冬に咲くからである。和歌山県南部や高知県の海岸の崖などに

生える多年草。茎はつる状にのびて長さ2~5mになる。葉は長さ8~11㎝の

長三角形で先端はとがり、下部の葉は羽状に中裂する。茎の先に黄色の

頭花を散房状に多数つける。頭花は直径1.3~1.4㎝。

🌷花期:11~3月 分布:本(和歌山県南部)、四(高知県)

山溪ハンディ図鑑1(増補改訂新版)野に咲く花

徳島県:絶滅危惧II類  環境省:準絶滅危惧

s-DSC_0334.jpg 


s-DSC_0343.jpg 


s-DSC_0345.jpg 


s-PB190041.jpg 


s-PB190045.jpg 


s-PB190047.jpg 


ヒナギキョウ
(雛桔梗)キキョウ科 ヒナギキョウ属 多年草

s-DSC_0360.jpg 


s-DSC_0365.jpg 


s-DSC_0370.jpg 


s-PB190074.jpg 



2017.11.27 / Top↑
 
アゼトウナ(畦唐菜)キク科 アゼトウナ属 多年草

伊豆半島以西の太平洋側の海岸の岩場などに生える多年草。茎は太くて短く、

根茎状になり、先端に根生葉を多数つける。根生葉は長さ3~10㎝、幅1~2㎝の

倒卵形で厚い。ふちには小さな鈍い鋸歯があり、先は丸く、基部は細く

柄のようになる。根生葉の葉腋から側枝をだし、上部は斜上して高さ

約10㎝になる。枝先に直径約1.5㎝の黄色の花を密につける。

🌷花期:8~12月 分布:本(伊豆半島~紀伊半島)、四、九

山溪ハンディ図鑑1(増補改訂新版)野に咲く花

s-DSC_0347.jpg 


s-DSC_0348.jpg 


s-PB190054.jpg 


s-PB190055.jpg 


s-PB190058.jpg 


ハマアザミ(浜薊) キク科 アザミ属 多年草

s-DSC_0395.jpg 


s-DSC_0400.jpg 


s-DSC_0421_20171125124817996.jpg 



2017.11.26 / Top↑
 
シオギク(潮菊)キク科 キク属 多年草

海岸の崖地に生え、高さ25から35センチになる。茎の中部の葉は倒卵形から

長楕円形で長さ4㎝程度、幅3センチ程度、全縁または幾つか鈍鋸歯があり、

表面緑色、葉縁は白色。裏面には丁字状毛が密生し銀白色になり質は厚い。

花期は晩秋であり、黄色の頭花をつける。

🌷花期:11~12月 分布:四国(徳島県~高知県)

徳島県:準絶滅危惧

s-DSC_0382.jpg 


s-DSC_0383_2017112416183489a.jpg 


s-DSC_0386.jpg 


s-DSC_0391.jpg 


s-DSC_0398.jpg 


s-DSC_0413_201711241618397d9.jpg 


2017.11.25 / Top↑
 
サツマイナモリ(薩摩稲森)アカネ科 サツマイナモリ属 多年草

林内に生える高さ10~25㎝の多年草。葉は卵形または長楕円状披針形で長さ

2~5㎝、先は短くとがり、基部は狭まって細い柄となる。茎の先に巻散状の

集散花序をつくり、長さ1㎜ほどの小花柄のある白い花を数個つける。花冠は

漏斗形で先は5裂し、長さ1~1.5㎝。雄しべ5個は花冠からつきでない。

蕚は小さく、球形で先は5中裂する。蒴果は長さ4㎜。

🌷花期:12~5月 分布:本(関東地方南部以西)、四、九、沖

山渓ハンディ図鑑2(増補改訂新版)山に咲く花

s-DSC_0320_201711211609177c2.jpg


s-DSC_0326_20171121160916817.jpg 


s-DSC_0328.jpg 


s-DSC_0329_201711211609189a1.jpg 


s-DSC_0330.jpg 





 








2017.11.24 / Top↑
 
ソナレノギク?(磯馴野菊)キク科 シオン属 二年草

ヤマジノギクの変種で、茎は太く、基部からよく分枝する。

葉は長さ6~7㎝、幅1~1.3㎝のさじ形で厚くて光沢があり、

両面とも無毛となっています。

🌷花期:10~11月 分布:四(高知県)

s-DSC_0353.jpg 


s-DSC_0355.jpg 


s-DSC_0372.jpg 


s-DSC_0378.jpg 


s-DSC_0377.jpg 


s-DSC_1497.jpg 


s-DSC_1504_201711211550025f4.jpg 


s-DSC_1508_201711211550044b8.jpg 


s-DSC_1509.jpg 




2017.11.23 / Top↑
 
サザンカ(山茶花)ツバキ科 ツバキ属 常緑広葉樹

小高木~低木。山口、四国、九州、沖縄の暖温帯・亜熱帯に自生。

丘陵~山地の照葉樹林内にやや普通。低木、生垣、公園樹、

街路樹に普通。葉身長3~6㎝、最大幅はほぼ中央。葉柄2~5㎜。

山渓ハンデイ図鑑14 樹木の葉より

s-DSC_0302_20171121093947770.jpg 


s-DSC_0305_20171121093949b30.jpg 


s-DSC_0308_20171121093950141.jpg 


s-DSC_0312.jpg 




2017.11.22 / Top↑
 
キチジョウソウ(吉祥草)キジカクシ科 キチジョウソウ属 多年草

吉事があると開花するという伝説に由来する。暖地の林内に生える

常緑の多年草。葉は根生し、長さ10~30㎝の広線形。花茎は高さ

8~12㎝になり、淡紅紫色の花が穂状につく。花被片は長さ

0.8~1.2㎝で、下半部は筒状に合着する。液果は赤く熟す。

🌷花期:8~10月 分布:本(関東地方以西)、四、九

山溪ハンディ図鑑1 増補改訂新版 野に咲く花より

s-DSC_0277_20171120163233345.jpg 


s-PB190001.jpg 


s-PB190002.jpg 


s-PB190003.jpg 




2017.11.21 / Top↑