掲示板

 
2010年7月25日(日曜日)晴れ時々曇り

2:48自宅出発名田橋南岸の堤防から三加茂のローソンでおにぎりとパンを買う

5:33京柱峠に着き準備をして5:48出発少し林道を歩き直ぐに登山道に取り付く 

s-土佐矢筈山ピクチャ 014_01 


s-土佐矢筈山ピクチャ 016_01 

途中からだんだんキツクナリ汗もダラダラしたたり落ちる6:36京柱峠が見える休憩所で早めに

十分休憩を撮る6:44出発少し行くと原生林との分岐に着き左の登山道を行く 

s-土佐矢筈山ピクチャ 023_01 

急な坂もあるが平坦な所も有り今日は早めに休んだのもあり、わりと楽に登れた縦走路の

分岐手前から笹のブッシュになり朝露でズボンが濡れだす7:41偽小檜山に着き写真を撮って

直ぐに出発する縦走路も笹のブッシュで靴の中までジュクジュクになり8:03岩の処でカッパの

ズボンに履き替えて休憩をしおにぎりを食べていると矢筈山からご夫婦がやって来る

少しお話をし8:36出発10年位前に何回か来たときにはシンドかった処も割りと

楽であったが笹のブッシュで歩き難い 

s-土佐矢筈山ピクチャ 022_01 


s-土佐矢筈山ピクチャ 030_01 


s-土佐矢筈山ピクチャ 033_01 


s-土佐矢筈山ピクチャ 036_01 


コナスビ 

s-土佐矢筈山ピクチャ 028_01 


s-土佐矢筈山ピクチャ 037_01

9:18矢筈山に着く誰も居なくて夫婦で二人占めなのでゆっくりと展望を楽しみ9:46出発 

s-土佐矢筈山ピクチャ 041_01 

下りの林の中で単独の男性に会うズボンは濡れなかったか聞くと笹はもう乾いて濡れなかった

との事、行きに会った処でアリラン峠から来たご夫婦とすれ違うニセ小檜山手前で10名位の

パーティに出会う11:00小檜山に着き休憩をしようとザックを下ろすが暑いので引き返し

縦走路の分岐の処で休憩をしてお湯を沸かしてカップ麺を食べる11:46下山開始原生林の

分岐からは原生林の方へ降って行く 

s-土佐矢筈山ピクチャ 043_01 


s-土佐矢筈山ピクチャ 046_01 


s-土佐矢筈山ピクチャ 048_01 

12:59駐車位置に無事下山。帰りかづら橋のみやげ店

に寄りザル蕎麦を食べて自分の土産を買う、駐車料金は500円

5:58出発~6:36休憩~6:44出発~6:46原生林分岐~7:09モミの木千本~7:28分岐~7:41ニセ小檜山~8:03着替え休憩~8:36出発~9:18矢筈山~9:46出発~11:00小檜山~11:18分岐ラーメン休憩~11:46出発~12:05モミの木千本分岐(原生林経由)~12:05駐車位置下山

歩行距離   14,461km        沿面距離  14,919km

所要時間  7時間59分          歩行歩数  17,073歩

s-土佐矢筈山グラフ 


s-土佐矢筈山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像
)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)



2010.07.25 / Top↑
 
2010年7月19日(月曜日)曇り時々霧雨 ガス多く展望なし

石鎚道の駅駐車場4:00起床準備をして出発途中コンビニで

おにぎりとパンを買う5:50位に駐車場に着き準備をして6:08出発 

s-石墨山ピクチャ 001_01 


s-石墨山ピクチャ 002_01 


最初は荒れた林道を行くギンバイ草が群生している 

s-石墨山ピクチャ 004_01 


ヒヨドリバナ 

s-石墨山ピクチャ 008_01 


蒸し暑く風もなく汗をダラダラ出しながらゆっくりと登って行く6:41分岐に着く 

s-石墨山ピクチャ 007_01 


此処からは少し平坦な道が続き風も出てきて少し涼しくなり生き返るが暫くすると

急登が待っていた、ロープを掴みながら這い上がっていく7:40分岐に着く白猪峠の方に

ヒヨドリ花が咲いているので写真を撮りに行く引き返し石墨山に向うと笹ユリが残っていた

s-石墨山ピクチャ 014_01 


笹が深く腰より上ぐらいあり昨日と同じくズボンから靴までビショビショになるガスで前が

見えないので目が判らない小さなアップダウンを繰り返しながらロープの付いた岩場に着く

岩場を越えて暫く行くと8:23石墨山に着く此処でおにぎりを食べる 

s-石墨山ピクチャ 015_01 


ササユリ 

s-石墨山ピクチャ 020_01 

8:48下山開始岩場に着きロープを持って降ると滑って膝をヒネリ暫く立てなくなる

相方が助けに来てくれて暫く休みゆっくりと下山開始する帰りは来た道を帰らず

白猪登山口の方へ帰り一周する 

s-石墨山ピクチャ 021_01 


s-石墨山ピクチャ 022_01 


ウツボググサ 

s-石墨山ピクチャ 025_01 


s-石墨山ピクチャ 026_01 


オカトラノオ 

s-石墨山ピクチャ 029_01 


アジサイ 

s-石墨山ピクチャ 034_01 


s-石墨山ピクチャ 036_01 


12:51唐岬の滝登山口に無事下山駐車場には何台か車はあるが登山者には

今日は会わなかった帰り小松インターから乗り帰路に着く明くる朝病院に行き

レントゲンを撮ってもらうが骨には異常なしだが歩くのが辛い


6:08出発~6:41分岐~7:40石墨山分岐~8:23石墨山頂上~8:48下山開始~9:34石墨分岐~10:58白猪峠分岐~12:20お昼休み~12:51出発~13:19駐車位置下山

歩行距離  8,511km       沿面距離  9,420km

所要時間  7時間17分       歩行歩数  17,755歩

s-石墨山グラフ 


s-石墨山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.07.19 / Top↑
 
2010年7月18日(日曜日)曇りのち雨

2:55自宅出発藍住インターから乗り入野PAでおにぎりとパンを買う

石鎚SAでトイレ休憩し小松インターで降り11号線に出て途中橋の手前から左折し

保井野登山口に5:15着く愛媛ナンバーと広島ナンバーの車が来ている

準備をして5:31出発途中車の鍵を掛けるのを忘れたのに気が付き鍵を掛けに戻る 

s-堂が森ピクチャ 001_01 


6:02青滝山の分岐に着く蒸し暑く汗がダラダラでるが

此処まではゆっくり登ったのでまだ余裕が有る 

s-堂が森ピクチャ 002_01 


ギンバイソウ 

s-堂が森ピクチャ 004_01 


から池に近づくにつれてペースが上らなくなるかなりシンドイので家内に先に行ってもらう

家内は余裕でスイスイと登って行く、やっとのおもいで7:00に、から池に着くが前回に

来たときと同じく目眩がし立ち眩みがする此処で十分に休憩を取る 

s-堂が森ピクチャ 006_01 


7:16出発少しだけ平坦な道だが直ぐにシャクナゲの尾根になり又シンドクなり

ユックリと登って行く8:33梅が市分岐に着く風がひじょうに

強いガスも出てくる今日の目当ての笹ユリが咲いている 

s-堂が森ピクチャ 010_01 


s-堂が森ピクチャ 011_01 


s-堂が森ピクチャ 012_01 


s-堂が森ピクチャ 014_01 


ニガナ 

s-堂が森ピクチャ 015_01 


ホソバシュロソウ 

s-堂が森ピクチャ 022_01 


9:16堂が森に着くが風が強いので少し下の草の生えている所でおにぎりを食べる 

s-堂が森ピクチャ 025_01


9:38出発すると下の分岐で4名が下っていき愛大小屋に行き此処で少し

お話をする四国中央市から来て此処で下山するそうだ少し休み

クラセの頭に向う雨が降って来たので合羽の上だけを着て行く 

s-堂が森ピクチャ 030_01 


s-堂が森ピクチャ 031_01 


タカネオトギリ 

s-堂が森ピクチャ 027_01 


ピンクのササユリ 

s-堂が森ピクチャ 032_01 


s-堂が森ピクチャ 038_01 


11:24鞍瀬の頭に着き此処も風と雨なのでトラバースの方

へ降って行くニノ森へ行く予定だったが雨なので下山開始する 

s-堂が森ピクチャ 040_01 


合羽のズボンを佩いていなかったので笹に付いた滴でズボンがビショコになり靴の中に

水が入り靴の中がグチュグチュになったので愛大小屋に寄って着替えて

カップ焼きソバを作って食べる。此処で1時間あまり居て13:37出発

コメツツジ 

s-堂が森ピクチャ 041_01 


シコクフウロ 

s-堂が森ピクチャ 049_01 


堂が森の登り返しの途中で単独の男性2名に会う一人は愛大小屋泊まりもう一人は

テント泊だそうだ、梅が市分岐に付くとテントが2張りはってあり男性が堂が森でテント泊を

するつもりだったが連れが気分が悪くなり此処でテントを張ったとの事。

急登を滑らないようにゆっくりと慎重に降り14:16から池に着き一息入れて

下山開始から池から下山口の真ん中位で若いカップルが登って来る愛大小屋で泊まるそうだ

身軽な格好で大丈夫がな?16:20登山口に無事下山着替えていると広島ナンバーの男性が

帰ってくる石鎚山まで行って来たとの事着替えを済まし石鎚のハイウエイオワシスの

椿の湯で汗を流して下の道の駅駐車場で車中泊するが暑くて眠れない
5:31出発~6:02青滝山~7:00から池~7:16出発~8:09水のみ場~8:33梅が市分岐~9:16堂が森~9:18出発~11:24クラセの頭(愛大小屋に寄る)~12:30愛大小屋(鞍瀬の頭トラバース)~13:37出発~15:16から池~16:20下山

歩行距離  13,855km       沿面距離  15,216km

所要時間  11時間05分        歩行歩数  27,055歩

s-堂が森グラフ 


s-堂が森トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)


2010.07.18 / Top↑
 
2010年7月11日(日曜日)曇り時々雨

今日は参院選の為7:00に投票に行き其の足で

中津峯山に行く7:50駐車場に着く準備をして8:10出発 

s-中津峰ピクチャ 001_01 


s-中津峰ピクチャ 002_01


一風新道の道を行く8:23三角点に着き写真を撮って直ぐに出発する 

s-中津峰ピクチャ 003_01 


8:54林道に着き暫く行き登山道に取り付くが今日は最初から少しペースが

速かったのか汗も何時もより多く此処でばててしまい立ち眩みもするので9:06休憩を取る 

s-中津峰ピクチャ 006_01 


9:13出発するがまだえらいのでペースを落とす9:3644番鉄塔につくと雨が降って来たので

合羽を着る9:45出発暫く行くと岩場に来るがかなりシンドイので少し休みながら行く

ズボンまで汗でビショビショになり気持ちが悪く今日は山登り初めてのリタイヤかと思うくらい

シンドイが頑張って上の平石分岐まで行き休憩を十分に取り最後の登りを頑張って

登って行きやっと中津峯山に着き写真を撮って雨と風が強いので神社の中で

おにぎりを食べて11:28下山開始 

s-中津峰ピクチャ 008_01 


少し下りトラバースの処で今日初めての単独の男性に会う 

s-中津峰ピクチャ 009_01 


アジサイ 

s-中津峰ピクチャ 010_01 


s-中津峰ピクチャ 011_01 


NTTの電波塔を過ぎた処のベンチでお湯を沸かしコーヒを入れて休憩をして沢の方に降って

行くたたらの滝でタオルを濡らして顔を拭く13:50位に駐車場に無事下山するがミツバチが

沢山飛んでいるので車を移動させて車の中で着替えをして帰路に着く 

s-中津峰ピクチャ 013_01 


s-中津峰ピクチャ 014_01 


ミズヒキ 

s-中津峰ピクチャ 017_01 

8:10出発~8:23三角点~8:54林道~9:06休憩~9:13出発~9:30分岐~9:36四十四番鉄塔~
9:45合羽を着て出発~10:21平石分岐~11:08中津峰頂上~11:24下山開始~12:02車道分岐~コーヒー休憩~12:47出発~下山13:50

歩行歩数  11,132km       沿面距離  11,893km

所要時間  5時間33分         歩行歩数  17,243歩


s-中津峰グラフ 


2010.07.11 / Top↑
 
2010年7月4日(日曜日)曇り時々小雨 

ガスで10m位しか視界がない

3:25自宅出発石井の新しく出来たミニストップでおにぎりと大福を買う神山から大釜の滝

経由で四季美谷温泉の前を通り剣山トンネルを越えて2キロ位で6:05

丸石登山口に着く6:33準備をして出発 

s-高ノ瀬ピクチャ 001_01_01 


ヤブウツギ 

s-高ノ瀬ピクチャ 002_01 


最近雨が多い為水量が多く水の流れている階段状を少し行く今日は膝が

痛く目的地まで行けるか不安である、ゆっくりと登っていき7:02剣山の

分岐に着く膝も少しはましになり一息入れて登って行く 

s-高ノ瀬ピクチャ 004_01 


ガスで10m位しか前が見えない7:27丸石に着きガスで

展望がきかないのでお茶を飲んで直ぐに出発する 

s-高ノ瀬ピクチャ 005_01 


最初は降り平坦な道が続き自然林の中を気持ち良く歩く7:55丸石小屋に着く 

s-高ノ瀬ピクチャ 008_01 


小屋から直ぐに奥祖谷かずら橋の分岐があり此処からも暫く平坦な道が続き高ノ瀬の登りに

さしかかり暫く行くと岩の登りになり濡れているので滑らないように慎重に登る8:52項の瀬山に

着き此処でも写真を撮ってお茶を飲み直ぐに出発する 

s-高ノ瀬ピクチャ 009_01


s-高ノ瀬ピクチャ 011_01 


15分位行くと家内がオオヤマレンゲが咲いていると見つける此処から石立分岐辺り

までオオヤマレンゲが尾根の北側に咲いている 

s-高ノ瀬ピクチャ 035_01 


分岐から少し行った所で休憩をしておにぎりを

食べる今日は下も濡れているのでお湯は沸かさない9:49下山開始 

s-高ノ瀬ピクチャ 030_01 


タニギキョウ 

s-高ノ瀬ピクチャ 036_01 


コナスビ 

s-高ノ瀬ピクチャ 038_01 


ヤマボウシ 

s-高ノ瀬ピクチャ 042_01 


高ノ瀬を過ぎた辺りで男性が先頭で女性が3名の4人のグループがやって来て挨拶を交すと

女性が家内に名刺を渡している家内がギッチャンですかと言っているネットのホームページの

人だ少しお話をしてお別れする岩場を降って少し行くと5~6人のパーティがやって来る少し降ると

単独の男性が来る丸石小屋を過ぎると四季美谷温泉のツワーが20名位やって来る又少し行くと

5名くらいがやって来る11:41丸石に着き少し休憩をして12:26無事下山する膝は調子が

良くなった帰り四季美谷温泉に寄り汗を流してザル蕎麦を食べてお菓子を買って長安ダム

経由帰路に着く

6:33登山口出発~7:02剣山分岐~7:27丸石山~7:55丸石小屋~8:52高ノ瀬山~9:32引き返し

地点~9:49下山開始~10:20高ノ瀬~11:06かずら橋分岐~11:41丸石~

12:02剣山分岐~12:26下山

歩行距離  10,708km       沿面距離  11,708km

所要時間  5時間56分      歩行歩数  電池切れの為記録なし


s-高ノ瀬グラフ 


s-高ノ瀬トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)
数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)


2010.07.04 / Top↑