掲示板

 
2010年2月28日(日曜日)曇りのち時々晴れ ガス多し

5:36自宅出発勝浦のローソンでおにぎりとパンを買う7:10位に千年の森の

駐車場に着く準備をして7:42出発ガスが多くて視界が悪い 

s-西三子山ピクチャ 001_01 


7:55水場の直ぐ上の分岐に着く 

s-西三子山ピクチャ 002_01 


s-西三子山ピクチャ 003_01 


8:06三ツ尾の峠に着き第2展望台の方へ行く朝方まで降ってた

雨で枯れたスズ竹に雨が付いていてズボンが少し濡れる 

s-西三子山ピクチャ 004_01 


8:30ブナのピークに付く少し進みトラバースの稜線を捜すが踏み跡が薄く分り難いので

尾根を下って行くがかなり急坂で足もとは、じるくズルズル滑りながら慎重に降って行く 

s-西三子山ピクチャ 006_01 


s-西三子山ピクチャ 009_01 


s-西三子山ピクチャ 007_01 


8:56作業道に出る少し進み9:01尾根に取り付く9:31三角点に着き一息入れるが

今日は風が非常に強く寒いので87番鉄塔に向って降って行く9:4587番鉄塔に着く 

s-西三子山ピクチャ 013_01 


s-西三子山ピクチャ 010_01 


赤テープが2箇所あるが右、北側の方へ降り9:57後山峠に着く 

s-西三子山ピクチャ 015_01 


此処から登りになり暫く行くと二組のご夫婦らしきペアーに追いつき後ろを付いて行き

88番鉄塔に着きジャンバーを脱ぎ一息入れるが風が強いので出発の準備をしていると

単独の男性が先に行く10:21福寿草群生地と山頂の分岐に着く 

s-西三子山ピクチャ 018_01 


群生地の方へ行くが此処も足もとがヌカルンでいるので靴がドロドロになり倒木もあり

迂回したり潜ったりしながら10:52福寿草群生地に着くまだ蕾も多いが綺麗に咲いているのも

沢山あった何組かが写真を撮っていた此処でおにぎりを食べていると先に出発していた

二組のペアーがやって来る何処かに寄り道をしたのかな 

s-西三子山ピクチャ 023_01 


s-西三子山ピクチャ 029_01 


暫くして山頂に向う途中ご夫婦が風除けのため少し下の方で食事をしている、そして暫く

登ると一組のご夫婦が福寿草の方へ下って行く11:37西三子山に着き風の当たらない処

でお湯を沸かしてカレーヌードルを食べコーヒを飲む天気も回復して暖かくなる 

s-西三子山ピクチャ 033_01 


s-西三子山ピクチャ 035_01 


12:13下山開始87番鉄塔手前で足が攣り鉄塔まで行き暫く休む 

s-西三子山ピクチャ 036_01 


雲早山 

s-西三子山ピクチャ 037_01 


高丸山 

s-西三子山ピクチャ 038_01 


13:20三角点に着き此処でも暫く休憩を取り足が大分良くなりユックリ出発する作業道を

過ぎトラバース道にトライをしてみるが稜線が分り難いので其のまま上の尾根に上がり来た

道を登り返すがかなり急でユックリと木をつかんだり四つん這いになりながらやっとのおもいで

ピークに着くブナの処で暫く休み下山開始 

s-西三子山ピクチャ 039_01 


峠手前で第2展望所によるが南東方面の山が見えるだけで眺望は無いので直ぐに

出発する14:55三ッ尾の峠に着き高丸山頂に向かい途中から山荘の方へ下る

15:31無事に駐車位置に下山する 

s-西三子山ピクチャ 043_01 


車は一台も無い帰り道花を撮りながら帰り勝浦の星の岩屋の入り口辺りで桜の花が咲いているの

を妻が見つけたので引き返して花見見物をしてその前のお店でお菓子で作った作品を見学してカ

フェオーレの大福と孫の土産を買う車の中でカフェオーレを食べるたいへん美味しかった。旧吉野

川橋の下が地震の津波警報が出ている為通れなく上の信号から行く為渋滞で時間がかかり家に

着くのが18:00過ぎになった。

7:42登山口~7:55分岐~8:06三ツ尾の峠~8:30ブナのピーク~8:56作業道~9:01尾根取付~9:31三角点~9:45鉄塔87番~9:57後山峠~10:52福寿草群生地~11:37西三子山~12:13出発~12:40鉄塔88番~2:25大ブナのピーク~2:31出発~14:50展望所~14:55三ッ尾の峠~15:13高丸山荘~15:31下山

往路 3時間55分休憩含む  復路 3時間18分  お昼休憩36分

歩行歩数  12,208km                    沿面距離  12,813km
所要時間  7時間48分                       歩行歩数  19,314歩


s-西三子山グラフ 


s-西三子山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.02.28 / Top↑
 
2010年2月21日(日曜日)晴れ時々曇り

7:33自宅出発何時もの東屋の処の駐車場に車を置き準備をして

7:59出発山神社でお参りをして林道を登って行く 

s-鉢伏山ピクチャ 001_01 


s-鉢伏山ピクチャ 003_01 


竹林に来ると猪が掘りたくして歩き難い竹林を過ぎると階段状になりかなりキツイ 

s-鉢伏山ピクチャ 004_01 


8:42第一展望所に着き休憩するが汗がボタボタおちてなかなか止まらない10分休む 

s-鉢伏山ピクチャ 005_01 


分岐 

s-鉢伏山ピクチャ 008_01 


9:16一本松越に着く此処まではシダとか刈ってあり歩き易かった少し休む 

s-鉢伏山ピクチャ 011_01 


香川県側に降って行く 

s-鉢伏山ピクチャ 013_01 


s-鉢伏山ピクチャ 014_01 


9:57川股ダムに着くダムを渡り車両通行止めの林道を暫く行く 

s-鉢伏山ピクチャ 018_01 


林道終点から谷に沿って赤テープを捜しながら登り途中から右に急な稜線を喘ぎながら行く 

s-鉢伏山ピクチャ 019_01 


s-鉢伏山ピクチャ 021_01 


やっと尾根に出る 

s-鉢伏山ピクチャ 022_01 


s-鉢伏山ピクチャ 029_01 


此処から右に鉢伏山に向う何回かアップダウンを繰り返し11:17鉢伏山頂上に着き

お湯を沸かし昨日家内の姪のなずけで赤飯のおにぎりを食べる。天気が良く暖かくて

気持ちがいいが天望が無いので残念だ11:49下山開始 

s-鉢伏山ピクチャ 026_01 


去年は笹のブッシュであったが綺麗に刈ってくれてあり歩きやすい12:37一本松越に着く

13:06下山今日は誰にも会わなかった帰りベルモニーの見学会に寄って

野菜とみかんとうどんをもらって帰る 

s-鉢伏山ピクチャ 030_01 


s-鉢伏山ピクチャ 031_01 


s-鉢伏山ピクチャ 032_01 

7:59駐車位置出発~8:42第一展望台~8:52出発~9:01分岐~9:16一本松越~
9:22出発~9:57川股ダム~10:49尾根分岐~11:17鉢伏山~1149出発~
12:37一本松越~13:06駐車位置下山

往路 3時間16分   往路 1時間17分  お昼休憩 39分

歩行距離  11,991km         沿面距離  12,340km
所要時間  5時間50分          歩行歩数  18,185歩


s-鉢伏山グラフ 


s-鉢伏山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.02.21 / Top↑
 
2010年2月14日(日曜日)曇り時々晴れ

7:19自宅出発丈六を曲がる前にコンビニを通り過ぎて小松島の競輪場の手前まで行き

ローソンでおにぎりとパンを買う8:04金谷の駐車場に着き8:16準備をして出発

s-中津峰ピクチャ 001_01 


最初から急坂で直ぐに汗を掻く8:32三角点に着く此処からは少し楽になる 

s-中津峰ピクチャ 002_01 


9:03林道に出る舗装道路を暫く行き9:27登山道に取り付く 

s-中津峰ピクチャ 004_01 


s-中津峰ピクチャ 007_01 


s-中津峰ピクチャ 008_01 


s-中津峰ピクチャ 009_01 


s-中津峰ピクチャ 011_01 


44番鉄塔に着く 

s-中津峰ピクチャ 012_01 


10:03平石分岐にやっとの思いでたどり着く 

s-中津峰ピクチャ 014_01 


s-中津峰ピクチャ 015_01 


此処からは少し楽になるが最後の登りが長くてウンザリしながらユックリと息を切らせながら

登って行く10:41中津峰頂上に着く学生が4名居り女性が3人休憩しているので

下のベンチでお湯を沸かしコーヒーを入れておにぎりを食べる 

s-中津峰ピクチャ 017_01 


 帰りは展望台からシャクナゲ園経由で帰る 

s-中津峰ピクチャ 018_01 


展望台 

s-中津峰ピクチャ 019_01 


シャクナゲ園から車道に出る 

s-中津峰ピクチャ 022_01 


車道を下り途中から登山道に入りドコモの電波塔に着く 

s-中津峰ピクチャ 024_01 


やかん峠まで帰ってくる 

s-中津峰ピクチャ 025_01

 12:44無事に駐車位置に下山。帰る途中論田のえびすの湯で汗を流して帰路に着く 

s-中津峰ピクチャ 026_01



8:16駐車位置出発~8:32三角点~9:03林道~9:27分岐~10:33四十四番鉄塔~10:03平石分岐~10:41中津峰~11:09出発~11:20展望台~11:33林道~11:56分岐~12:19やかん峠~12:44駐車位置下山

往路  2時間25分  復路  1時間35分

歩行距離   9,794km           沿面距離  10,324km
所要時間    4時間40分          歩行歩数   14,978歩

s-中津峰グラフ 


s-中津峰トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.02.14 / Top↑
 
2010年2月11日(木曜日)曇りのち雨

7:57自宅出発ローソンでおにぎりと肉まんを買う卯辰越えから暫く降り川筋の細い道を行き

途中からダートな道を少し行くと76番鉄塔の表示の処に駐車し準備をして8:42出発する

s-大麻山川筋ピクチャ 001 


入りは急坂で早くも汗を掻く8:56、76番鉄塔に着く 

s-大麻山川筋ピクチャ 002 


此処から暫く行くと猪が掘った跡で稜線が判らなくなり少しウロウロする

9:36ケルンからの分岐に着く 

s-大麻山川筋ピクチャ 003 


9:47、77番鉄塔に着き一息入れて出発頂上に行くまで単独の男性二人に会う 

s-大麻山川筋ピクチャ 004 


10:05大麻山頂上に着く単独の男性がいた此処でお湯を沸かし

コーヒーを入れておにぎりを食べる何人か登って来る 

s-大麻山川筋ピクチャ 005 


10:27下山開始表参道の階段を降り裏参道の分岐から登り返し上の裏参道の標識から降る 

s-大麻山川筋ピクチャ 006 


11:48東屋に着きおやつを食べてをたつの祠から右に下りて行く 

s-大麻山川筋ピクチャ 007 


s-大麻山川筋ピクチャ 008 


s-大麻山川筋ピクチャ 009 


12:22駐車位置に下山。帰りあせび温泉に寄り汗を流して帰宅 

s-大麻山川筋ピクチャ 010


8:42駐車位置出発~8:5677番鉄塔~9:36分岐~9:47 77番鉄塔~
10:05大麻山頂上~10:27出発~11:48東屋~12:22駐車位置下山

歩行距離  7,705km                沿面距離  8,147km
所要時間  3時間43分                 歩行歩数  12017歩


s-大麻山グラフ 


s-大麻山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.02.11 / Top↑
 
2010年2月7日(日曜日)晴れ  観音道

8:15駐車位置出発 

001_01.jpg 


和泉寺に寄りお参りをする 

002_01.jpg 


33番観音様から行き、竹のトンネルを過ぎ仮橋を渡る 

006_01.jpg 


008_01.jpg 


民家の横を通り観音道の標識に従って沢に沿って汗を掻きながら登って行くと

展望が開けた処から少し上の展望の良い所に南西の方の山の名前が分るように

写真が立ててあったので暫く眺める9:15出発 

009_01.jpg 

017_01.jpg 


021_01.jpg 


024_01.jpg 


一番分岐から黒岩権現経由で11:04大山頂上に着くと車道の方から男性二人が

登って来た藍住から来たとのこと此処でお湯を沸かしてカップ緬におにぎりを

食べる其の後コーヒを入れて少しおやつも食べる11:56出発 

036_01.jpg 


038_01.jpg 


037_01.jpg 


来た道を引き返と4名のパーチーに会う一番分岐から大山寺に向う途中で

あとみっくさんに会う木が崩れていたので直していたとのこと暫くお話をして

大山寺にお参りをして下山開始下山途中2組のグループに会う14:09駐車位置に

無事下山帰り石井の酒市場に寄り野菜とお米を買い上板のビックに寄って買い物をして帰宅 ▼

040_01.jpg

8:15駐車位置出発~9:08休憩~9:15出発~9:32お地蔵さん~10:23一番分岐~10:52車道~11:04頂上~11:56出発~12:40分岐~大山寺~14:09駐車位置下山

s-大山グラフ 


s-大山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.02.07 / Top↑