掲示板

 

2010年1月24日(日曜日)晴れ

7;42自宅出発中学校の前のファミリーマートでおにぎりと肉まんを買い

リュウネの森から高速道路の鳴門28のトンネル手前に駐車する 

s-千石万石大麻山ピクチャ 001_01 


準備をして8:09出発トンネルを越えて左へ高速に沿って板野方面へ少し行くと

階段があり階段を登って行き登りきると直に右へ 

s-千石万石大麻山ピクチャ 003_01 


赤テープに沿って行くシダはあるがブッシュまではないので歩きやすく

踏み後もしっかりある、何箇所か滑りやすい急坂がある 

s-千石万石大麻山ピクチャ 006_01 


s-千石万石大麻山ピクチャ 004_01 


s-千石万石大麻山ピクチャ 007_01


8:54千石山に着く、そこそこ広く南西の方の展望があり休憩には丁度いい、9:03出発 

s-千石万石大麻山ピクチャ 008_01 


s-千石万石大麻山ピクチャ 011_01 


9:32万石山に着く此処は狭くて展望はないので一息いれて出発する

此処からは前に来たので記憶はある 

s-千石万石大麻山ピクチャ 013_01 


s-千石万石大麻山ピクチャ 009_01 


分岐のヌタ場 

s-千石万石大麻山ピクチャ 016_01 


10:10車道に出る 

s-千石万石大麻山ピクチャ 018_01 

10:16卯辰越え登山口に着く5人の若者らしき人が走りながら階段を登って行く 

s-千石万石大麻山ピクチャ 019_01 


10:28東屋に着き休憩をとる10:38出発此処まで2時間30分位

歩いて来ているので少し疲れてペースが落ちる 

s-千石万石大麻山ピクチャ 020_01 


ケルン分岐手前で知り合い人に合い暫く山のお話をする。11:14ケルン分岐に着く

直ぐに出発11:24七十七番鉄塔に着くと3組位の人が居た其の中の男性二人組みの人に

日の丸山にあの山は登れるのかと聴かれ登れると教えてあげるが何時も電気が付いている所

と言うので天円山とまちがえているので教えてあげる此処でも何分かロス

s-千石万石大麻山ピクチャ 021_01


11:43大麻山頂上に着く此処も5人の女性と一人の男性がテーブルで食事をしている

ザックを降ろしお賽銭を出していると知り合いのご夫婦がやって来るお参りをすまし

お湯を沸かしてコーヒーを入れておにぎりを食べる

次々と人が登って来る12:07下山開始 

s-千石万石大麻山ピクチャ 022_01 


裏参道から卯辰分岐まで此処から表参道の階段を降り大麻比古神社でお参りをして

13:30駐車位置に無事下山帰りあせび温泉で汗を流して買い物をして帰宅 

s-千石万石大麻山ピクチャ 024_01 


s-千石万石大麻山ピクチャ 025_01 


s-千石万石大麻山ピクチャ 026_01 

8:09駐車位置~8:54千石山~9:03出発~9:32万石山~9:39出発~9:52分岐~10:10車道~10:16卯辰越登山口~10:28東屋~10:38出発~11:14ケルン分岐~11:24七十七番鉄塔~11:43大麻山頂上~12:07出発~12:47登山口~12:53大麻比古神社~13:
47駐車位置下山

歩行距離  12,093km         沿面距離  12,650km
所要時間  5時間31分          歩行歩数  19,229歩


s-千石万石グラフ 


s-万石。大麻山周回トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.01.24 / Top↑
 
2010年1月17日(日曜日)晴れ

7:49自宅出発板野のミニストップでおにぎりと肉まんを買う山神社の手前の休憩所の

駐車場に着くと3台停めてあり残り1台の所に停める準備をして8:18出発 

s-大山ピクチャ 001_01 


8:27大日寺に着きお参りをして8:38出発 

s-大山ピクチャ 002_01 


s-大山ピクチャ 004_01 


登山口を行き過ぎ引き返し上の登山口から登るが倒木で稜線が塞がれていたので引き返し

下の沢から登る此処も倒木があり木が覆いがぶさり避けながらガレバをゆっくり登って行く

雪が少しのこっているが汗をビッショリ掻きかなりキツク何回も一息入れながらやっとの

思いで10:27尾根に出る 

s-大山ピクチャ 005_01 


s-大山ピクチャ 006_01 


s-大山ピクチャ 007_01 


s-大山ピクチャ 011_01 



雪が少し残り急な降りを滑らないようにゆっくり進み鞍部に着くと一本松越だ此処で犬を連れた

おじさんがいた、写真を撮ってメモをし先に行く此処からは何回かアップダウンを繰り返す 

s-大山ピクチャ 008_01 


11:28大山越に着きおにぎりを食べる暫く休み車道を横切り登山道を行くと上から

お年寄り一人が急坂を腰を降ろしお尻をつけながらゆっくりと降りてくる此処は

凄い急で這いつくばって汗だくになって登りやっとの思いで尾根に出る 

s-大山ピクチャ 012_01 


此処からは雪が3~4cm位積もっており潅木とイバラのブッシュが少しだが続く

大山頂上に近づくにつれ雪が深くなる 

s-大山ピクチャ 014_01 


12:40頂上に着くと沢山の足跡が雪に残っている此処でお湯を沸かし

コーヒーを入れておやつを食べるお日様が出ているのでわりと暖かかった

13:07下山開始車道を降りていくと何組かが登って行く 

s-大山ピクチャ 015_01 


s-大山ピクチャ 016_01 


13:25大山寺に着くとまだ力持ち大会が行われていた、お参りをして少しだけ

見物をしてたこ焼きを買って食べる12:43出発 

s-大山ピクチャ 018_01 


s-大山ピクチャ 020_01 


野外センターまで行き大山越に向うと直になにか作業をしている人が何処まで

行くのと聞くので大山越から山神社に帰ると言うと野外センターから山神社に

降りれると教えて頂いたので行く 

s-大山ピクチャ 021_01 


四国の道で一箇所だけ崩壊していてロープがしてあったが其の他は今日

歩いて来た中では一番綺麗な道である16:00無事下山 

s-大山ピクチャ 022_01 


s-大山ピクチャ 023_01 


s-大山ピクチャ 024_01 


s-大山ピクチャ 026_01 


s-大山ピクチャ 028_01 


s-大山ピクチャ 029_01 

8:18駐車位置出発~8:27大日時~8:38出発~10:27尾根分岐~10:40一本松~11:04、537ピーク~11:28大山越~11:46出発~12:25尾根分岐~12:40大山頂上~13:07出発~13:25大山寺~13:43出発~14:45第2展望所~15:16分岐~16:00駐車位置下山

歩行距離  15,162km         沿面距離  15,824km
所要時間  7時間45分          歩行歩数  24,310歩


s-大山グラフ 


s-大山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.01.17 / Top↑
 
2010年1月10日(日曜日)曇り時々晴れ

今日は恵比寿さんなので6:37自宅出発して7:00位に神社に着きお参りをして

笹と熊手を買い袴腰山に向う8:17駐車位置出発 


s-袴腰山ピクチャ 001_01 


8:20登山口の鳥居を潜りコンクリートの急坂を登る 


s-袴腰山ピクチャ 002_01


高速の上を渡る 


s-袴腰山ピクチャ 003_01 


8:34聖天神社に着く此処からシダのブッシュで

アップダウンを繰り返しながら最後の急坂を登る 


s-袴腰山ピクチャ 005_01 


9:51頂上に着く夫婦の二人ジメでお湯を沸かしコーヒーを入れておやつを食べる

時間も早いし歩数も少ないので北に薄い踏み後があるので行ってみるがシダのブッシュが

深く歩き難いので引き返し東南の方へ急坂を滑らないように行くが一回滑った 


s-袴腰山ピクチャ 006_01 


s-袴腰山ピクチャ 007_01 


s-袴腰山ピクチャ 009_01 


s-袴腰山ピクチャ 010_01 


11:22堰堤で休憩しおにぎりを食べる11:36出発11:48駐車位置に下山 


s-袴腰山ピクチャ 014_01 


s-袴腰山ピクチャ 016_01


8:17駐車位置出発~8:20鳥居~8:34聖天神社~9:51頂上~10:25出発~10:50引き返す~11:22休憩~11:36出発~11:48下山

歩行距離  4,258km        沿面距離  4,483km
所要時間  3時間33分         歩行歩数  8,725歩


s-袴腰山グラフ 


s-袴腰山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.01.10 / Top↑
 
2010年1月4日(月曜日)晴れ

8:36蛍の里の御嶽神社登山口出発最初の鉄塔でお供え物の八橋を食べる

9:18鉄の橋を通るご夫婦が降りてくる9:40鉄塔広場で一息入れる

10:01サルの墓に着き頂上下の鉄塔は直登する10:22天円山に着き残りの

八橋を食べる帰りサルの墓から真直ぐに少し降る歩数稼ぎの為

12:07駐車位置に下山(下山時何組かの登山者に会う)

帰りあせび温泉で汗を流して上板のビッグに寄り買い物をして帰宅

s-天円山ピクチャ 001 


s-天円山ピクチャ 002 


s-天円山ピクチャ 003 


s-天円山ピクチャ 004 


s-天円山ピクチャ 005 


s-天円山ピクチャ 007 


s-天円山ピクチャ 008 


s-天円山ピクチャ 009 


s-天円山ピクチャ 010 


s-天円山ピクチャ 011


歩行距離  7,967km        沿面距離  8,449km
所要時間  3時間37分        歩行歩数  12,895歩


s-天円山グラフ 


s-天円山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.01.04 / Top↑
 
2010年1月3日(日曜日)曇り時々晴れ

5:27自宅出発三木あたりのサンクスでおにぎりとパンを買う7:19駐車位置に

着く準備をして7:36ふれあいの森北口の登山口出発 

s-石清尾山ピクチャ 001_01 


s-石清尾山ピクチャ 002_01 


8:03北大塚に着く8:10出発 

s-石清尾山ピクチャ 003_01 


s-石清尾山ピクチャ 005_01 


s-石清尾山ピクチャ 006_01 


8:27石船積石に着く室山に行く道がわからないので東屋で休憩をしていたおじさんに訊く
9:09小鳥の泉分岐から9:18室山に着く風の当らない場所を探すが無いので出発 

s-石清尾山ピクチャ 009_01 


s-石清尾山ピクチャ 013_01 


s-石清尾山ピクチャ 008_01 


s-石清尾山ピクチャ 016_01 


9:37柴雲山に着くが此処も休める処がないので此処で引き返しお日様があたる処で

休憩何時ものとおりお湯を沸かしコーヒーを入れておにぎりを食べる此処から

ゆめタウンが見える

s-石清尾山ピクチャ 018_01 


s-石清尾山ピクチャ 021_01 




10:24出発10:52姫塚古墳に着く11:02猫塚に着き11:42石清尾山に着く

展望台に上がり北方面の展望 

s-石清尾山ピクチャ 025_01 


s-石清尾山ピクチャ 023_01 


s-石清尾山ピクチャ 026_01 


s-石清尾山ピクチャ 029_01 


12:15駐車位置に無事下山 

s-石清尾山ピクチャ 032_01 


帰りイオンに寄りモンベルの登山靴を買い自宅の近くのデポで家内の登山靴を買い帰宅

歩行距離  9,221km          沿面距離  9,542km
所要時間  4時間46分          歩行歩数  15,139歩

s-石清尾山グラフ 


s-石清尾山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)
2010.01.03 / Top↑