掲示板

 

2009年8月30日(日曜日)曇り時々晴れ


4:26分自宅出発山川のミニストップでおにぎりとパンを買う一宇役場を過ぎ小島峠経由

菅生で6:20名頃駐車場に着く準備して6:31出発前回は下の登山口から登ったが今日は

上の登山口から登る昨日雨が降ったのか道が濡れている風がなく非常に暑く汗で

ズボンからパンツまでビッショリに為り急坂を登って行きもうバテバテで休みながらダケモミの丘に

着く此処で十分休む
分岐で十分休み8:45出発此処からは少し緩やかな所もあり息を

整えながらゆっくり登って行く急坂になって暫く進むと若い女性が勢いよく抜いて行く凄い

速い水場の分岐まできて此れから急坂の砂利道と階段状の処を喘ぎながら登ると池に

出る其のまま左へ頂上目指して10:04三嶺に着く頂上には誰もいないが直に先ほど

抜いて行った女性が登って来たと思ったら写真を撮ったら直に下山したので夫婦二人で頂上

を独占する此処でお湯を沸かしコーヒーを入れておにぎりを食べる40分位休んで汗も

大分引いたので10:43西熊方面に下っていく登り返しがきつそうなので大タオらしき

処の岩場で休憩をしていると男性一人が三嶺に向っている11:40引き返す三嶺頂上は

6~7人位いたが今日は人が少ないようだ14:35駐車位置に下山し

いやしの温泉郷で(入浴料1000円)汗を流して山菜蕎麦を食べて帰宅

駐車場 

s-三嶺ピクチャ 001_01 


s-三嶺ピクチャ 003_01 


s-三嶺ピクチャ 002_01 


カニコウモリ 

s-三嶺ピクチャ 004_01 


シコクフウロ 
 
s-三嶺ピクチャ 010_01 


オトギリソウ 

s-三嶺ピクチャ 011_01 


山頂 

s-三嶺ピクチャ 012_01 



天狗塚方面 

s-三嶺ピクチャ 014_01 


s-三嶺ピクチャ 018_01 



s-三嶺ピクチャ 019_01 


s-三嶺ピクチャ 021_01 


s-三嶺ピクチャ 025_01 

6:31駐車場出発~7:01下の登山口~7:21林道を経て登山口~7:26出発~8:28ダケ
モミの丘~8:45出発~9:48池~10:04三嶺~10:43出発~11:10広場~11
  
:16出発~11:25引き返し点~11:40出発~12:13三嶺~12:20出発~

ヒュッテ前休憩~12:44出発~13:24分岐~13:28出発~14:35駐車位置下山


s-三嶺グラフ 


s-三嶺トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)

... 続きを読む
2009.08.30 / Top↑
 

2009年8月23日(日曜日)晴れ 遠くは霞んでいる


伊予富士から移動10:14分駐車場出発登山口から少し登って行くと分岐を右へ男山

目指して
登って行くが笹のブッシュで歩き難い伊予富士は笹を刈ってあって綺麗に整備

されていた此方は整
備されていない途中何箇所か眺望の良い所があり石鎚山が

綺麗に見える10:40分男山に着き祠
にお賽銭をあげてお参りをして直に出発する

10:58分女山に着く10名位いるかな、おじさんが写真
を撮ってあげると言うので家内と

2ショットで撮ってもらう此処でお湯を沸かしコーヒーを入れておにぎりを
食べる暫く休んで

第一キャンプ場の方へ下り其の先の方へ行くが笹が深く歩き難いので引き返し第二

キャンプ地の白石小屋に行って瓶壷に行くおばあさんとお孫さん三人が水を汲んで帰る

其の後に男の
人が水を飲んでいたのでお話をすると体に良い水だと言うのでペットボトル

4本入れる12:47分駐車
位置に下山帰り伊野町のむささび温泉で汗を流す露天風呂は

ないが良い温泉だ風呂あがりに蕎麦
を食べて伊野インターに乗り

南国と馬立エリアで休み帰宅

s-瓶が森ピクチャ 001_01 


s-瓶が森ピクチャ 002_01 


s-瓶が森ピクチャ 003_01 


s-瓶が森ピクチャ 004_01 


s-瓶が森ピクチャ 005_01 


s-瓶が森ピクチャ 006_01 


s-瓶が森ピクチャ 010_01 


s-瓶が森ピクチャ 011_01 


s-瓶が森ピクチャ 014_01 


s-瓶が森ピクチャ 015_01 


s-瓶が森ピクチャ 016_01 


s-瓶が森ピクチャ 019_01 


s-瓶が森グラフ 


s-瓶ヶ森トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)

10:14駐車位置~10:40男山~10:58瓶が森~11:25出発~12:20瓶壷

~12:31出発~12:47下山


歩行距離  3,883km        沿面距離  4,121km
所要時間  2時間39分
歩行歩数  伊予富士と合わせて14,175歩

... 続きを読む
2009.08.23 / Top↑
 

2009年8月23日(日曜日)晴れ 遠くは霞んでいる

4:24自宅出発藍住インターから入野PAでトイレ休憩し西條インターで下り

新寒風山トンネルを抜け旧寒風山トンネル手前で瓶が森林道から伊予富士登山口に

着く支度をして7:18分出発する東黒森の分岐まで風がなく暑くて汗ビッショリ

分岐から少し行くと陰があり下からの風が吹き上げて来て涼しいので少し休憩を取る

汗も大分引いたので出発する暫く行くと男性一人と会う少し話をすると旧寒風山トンネル

南口から桑瀬峠経由で瓶が森まで行くとのことなのでピストンですかと聞くと昨日の内に

瓶が森にオートバイを置いてあるそうです8:07分伊予富士に着く風があり涼しく心地良

いので長めに休憩をする8:30分東黒森に向う分岐手前で瓶が森から来て伊予富士

まで行くと言う新浜から来たと言うおじさんと会った9:08分東黒森に着くアブとか虫が

多くうっとしいコーヒーを入れようか迷っていると伊予富士頂上手前で会った男性が来て

直にご夫婦が来たので下山する9:44分駐車位置に下山し直に瓶が森に車で移動する

s-伊予富士ピクチャ 001_01 


s-伊予富士ピクチャ 002_01 


s-伊予富士ピクチャ 003_01 


s-伊予富士ピクチャ 008_01 


s-伊予富士ピクチャ 015_01 


s-伊予富士ピクチャ 016_01 


s-伊予富士ピクチャ 017_01 


s-伊予富士ピクチャ 019_01 


s-伊予富士ピクチャ 020_01 

7:18登山口出発~7:36分岐~7:49休憩涼む~7:53出発~8:07伊予富士

~8:30出発~8:54分岐~9:08東黒森~9:44駐車位置下山

歩行距離  3,899km       沿面距離  4,051km

所要時間  2時間29分

歩行歩数  伊予富士・瓶が森合わせて 14,175歩


s-伊予富士グラフ 


s-伊予富士トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)


2009.08.23 / Top↑
 
2009年8月14日(金曜日)晴れ8月15日(土曜日)晴れ

8月14日PM2時過ぎ御岳山 田の原駐車場出発7キロ位行った処の温泉で汗を流すが

天然温泉と書いてあったが期待はずれ更に6キロ位先でザル蕎麦を食べる此処は

美味しかった其れから19号線に出てPM5時位に乗鞍観光センター駐車場に

着きシャトルバスの下調べをし食料とお土産を買う明日3:40分のご来光のバスに

乗るので2:30分に目覚ましを設定して早く寝るが車に慣れていないのでななか

眠れないウトウトしながら何回も目が覚めながら目覚ましの設定よりも5分早く起き

朝の食事のパンを食べるAM3時にシャトルバスの切符(往復一人2400円)を買うもう

既に沢山の人が並んでいるAM3:40分すぎに出発する

4:30分位に大黒岳と富士見岳の登り口で下り大黒岳の頂上に登りご来光を拝む

ご来光のポイントだけあって素晴しく感動した其れから砂利道の車道を肩の小屋まで

行きトイレ(100円)休憩をし剣が峰に向う岩石が多く歩きにくく急登でかなりキツイ

蚕玉岳(二九八〇米)で少し休憩をして剣が峰頂上に着く360度の展望で雲海の上で

非情に素晴しい富士山は見えなかったが槍ヶ岳・穂高連峰などが雲の上に綺麗に見えた

十分堪能してコロナ観測所へ行き其れから富士見岳に登り畳平へ下りレスタラン

で昼飯を食べてからお花畑を一周し恵比須岳に登る心算だったがもう歩く気力も無くなり

行くのを止めてお土産を買ってシャトルバスに乗って観光センターまで戻り横の温泉に

行くお湯は乳白色で硫黄の匂いがして良い温泉だった其れからまだ時間が早いので

一の瀬園を探索してから善五郎の滝に行き其れから松本インターで高速の乗りエリアで

仮眠を取りながらAM4時過ぎに帰宅する



s-乗鞍岳ピクチャ 006_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 009_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 018_01 




s-s-乗鞍岳_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 033_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 038_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 047_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 051_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 057_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 062_01 


雷鳥は実物ではありません、写真からです。

s-乗鞍岳ピクチャ 073_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 078_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 082_01 


s-乗鞍岳ピクチャ 084_01 


s-乗鞍グラフ 


s-乗鞍岳トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)




歩行距離  8,997km       沿面距離  9,289km
所要時間  6時間45分         歩行歩数  万歩計忘れたため記録なし

                            
2009.08.15 / Top↑
 
2009年8月13日(木曜日)晴れ~8月14日(金曜日)

12時過ぎ自宅出発はなまるでうどんを食べて鳴門インターに高速に乗り淡路SAで

休憩びわアイスクリームを食べ出発し養老SAで休憩する次に恵那SAで休憩しおやきと

五平餅を食べて出発する中津川インターで下り19号線を行く途中でコンビニで明日の

朝と昼の食料を買い御嶽山田の原駐車場に向う21時過ぎに駐車場に着くがもうすでに

沢山の車が止まっている今日は車中泊なので準備をして寝るがなかなか寝れない外へ

出ると星が沢山綺麗に出ている次々に車が入ってくる夜中の12時位なのにヘットランプ

をつけて5人位登って行く少し肌寒くなってきたので車に戻り眠りにつく4時過ぎに起き

食事を済ませ準備をして5:44出発する


6:04七合目に着く早くも下りてくる人がいる天気は良いが雲がいっぱいで雲の上で

気持が良い岩が多く歩き難いし急坂でかなりしんどい所々で休みながらゆっくりと行く

8:12王滝頂上に着く此処で暫く休憩をとる硫黄の匂いがして噴煙が上がっている

暫く休んで剣が峰頂上を目指して行くがかなりきつくヘトヘトになりながら頂上に着く

眺望が素晴しく3000メートル級は初めてで感動した此処でおにぎりを半分食べる

此処はガスバーナは使用禁止なのでお湯は沸かせない十分満悦して二ノ池へ下って行く

二ノ池から凄く急な処を滑りそうに為りながら登って行く頂上に着いたと思ったらまだ上に

頂上が有ったので明日乗鞍へ行くので此処で引き返す王滝神社でお守りを

買って休憩をしてゆっくりと下山する


s-s-御嶽山ピクチャ 001_01 


s-s-乗鞍岳_01 


s-s-御嶽山ピクチャ 007_01 


s-s-御嶽山ピクチャ 018_01 


s-s-御嶽山ピクチャ 019_01 


s-s-御嶽山ピクチャ 024_01 


s-s-御嶽山ピクチャ 025_01 


s-s-御嶽山ピクチャ 026_01 


s-s-御嶽山ピクチャ 031_01 


s-s-御嶽山ピクチャ 034_01 


s-御嶽山ピクチャ 046_01 


s-御嶽山ピクチャ 053_01 


s-御嶽山ピクチャ 059_01 

5:44出発~6:20あかっぱげ~6:34八合目~王滝頂上8:06~9:08剣が峰頂上~10:14引き返す~10:51トラバース~11:10王滝頂上~13:38駐車場下山

歩行距離   9,913km       沿面距離  10,469km
所要時間  7時間57分           歩行歩数  20,231歩


s-御嶽山グラフ 


s-御嶽山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)


2009.08.14 / Top↑
 

2009年8月2日(日曜日)曇り時々晴れのち雨


3:25自宅出発先週と同じく山川のミニストップでおにぎりとパンを買う5:17見ノ越に

着く今日は今日は沢山のバスとマイカーが停まっている県外ナンバーが多く

富士山と言うナンバーがあった5:41出発神社に着くと団体さんが準備運動を

していたのでお参りをしてリフトのトンネルを越えて距離の短い方へ行く

西島駅から左の階段から先週と同じコースを行く行場からの下りの処にキレンゲショウマ

が咲いていた先週雨だったので今日は一ノ森に行く早くも登っている何組がの人がいる

三角点の近くでお湯を沸かしコーヒとおにぎりを食べて剣山に向うヒュッテでトイレを済まし

神社でお参りをすると神主さんが御祓いをしてくれた其れから頂上に行き直にジロウギュウ

の方へ下りトラバースの分岐のすぐ上の岩場で休憩をする


10:21ジロウギュウに着く少し南側奥槍戸の家方面でおにぎり休憩をする相変わらず

虫が多い今日は正露丸をポケットに入れていたので少しましかな10:38丸石に向う日が

差すと暑く日が掛けて風が吹くと涼しくなり生き返る途中犬を連れた男性に会う

11:44丸石に着く暫く休憩をして下山開始するが登り返しがきつくなり足も痛くなる

ジロウギュウも剣山もトラバースを行く西島駅に着き売店が開いていたので

アイスクリーム(2個400円)とチマキ(2個200円)を食べ終わると雨が降って来たので

傘を差して近道を下り神社で無事下山のお礼を言って下のお店で祖谷蕎麦を食べるが

2杯1200円もした他の店は1杯500円だった帰り木綿温泉に寄るがいっぱいだったので

脇町インターから高速に乗り帰宅


剣山 001 


剣山002 


剣山 003 


剣山 004 


剣山05 


剣山 006 


剣山 007 


剣山 008 


剣山 009 


剣山 010 


剣山 011 


剣山 012 


剣山013 


剣山 014 


s剣山 015 


剣山 016 


剣山 017 


剣山 018 


剣山 019 


剣山 20 


剣山 021 


剣山 022 

5:41駐車場出発~6:27西島~6:34出発~6:46刀掛の松~6:49出発~7:23

穴吹川源流~7:57分岐~8:07一の森~三角点休憩~8:35出発~9:16

剣山フュッテ~9:37トラバース上の岩場~9:47出発~10:21ジロウギュウ~

10:38出発~11:44丸石~12:02出発~13:13ジロウギュウトラバース分岐~

13:27剣山トラバース分岐~14:56駐車位置下山


歩行距離  16,306km       沿面距離  17,004km
所要時間  9時間14分           歩行歩数  29,219歩


s-剣山一の森次郎笈丸石グラフ 


s-剣山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)




2009.08.02 / Top↑