掲示板

 

            2009年5月31日(日曜日)曇り時々晴


   土曜日20:15分自宅出発一般道路を走り小松オアシス道の駅まで行き(24:00着)

    車中泊 朝5時過ぎに出発しコンビニでおにぎりを買う6:00位に登山口に着き

     準備をして
いると女性一人と直ぐに男性一人がやって来る6:30出発徐々に

    急になり途中で先ほどの女
性に追い抜かれる、更に急登になりかなりバテる 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 001_01 


s-堂が森・ニノ森ピクチャ 003_01 


                        フタリシズカ 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 004_01 


s-堂が森・ニノ森ピクチャ 006_01 


                         ギンリョウソウ 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 008_01 


                       タツナミソウ 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 011_01 


s-堂が森・ニノ森ピクチャ 012_01 


                        ヤブウツギ 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 013_01 


   7:52から池に着くもうフラフラでめまいはするし頭はクラクラするので休憩を多めに取

   る8:06出発少し行くと石楠花の稜線になるが此処も急坂でゆっくりと登って行く石楠花

              は裏年なのかチラホラしか咲いていない 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 015_01 


s-堂が森・ニノ森ピクチャ 018_01 


s-堂が森・ニノ森ピクチャ 019_01 


s-堂が森・ニノ森ピクチャ 020_01 

   9:14梅が市の分岐に着く面河湖等が見え今までのえらさが少し和らぐ、直にアカモノの

        花を家内が見つける(写真は帰りに撮る)又堂が森まで急登である 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 024_01 


s-堂が森・ニノ森ピクチャ 025_01 


   9:51堂が森に着く登山口から長い々急登でヘトヘト頂上からは鞍背の頭・西ノ冠岳

   ・石
鎚が見えるが直ぐにガスで隠れてしまう此処でお湯を沸かしコーヒーにおにぎりを

   1個食べ
終わると登山口で来ていた男性一人が上がって来て写真を撮ってくださいと

         頼まれたので撮
ってあげる暫く休んだので二の森に向かう 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 027_01 


   堂が森から暫くは下りである愛大避難小屋手前でイワカガミが見られた此れからまた

     登りに
なり喘ぎながら登って行く五代の別れを過ぎると直にイワカガミがたくさん

    咲いていた鞍瀬
の頭をトラバースで行く此処は平坦で息が抜ける処だ、5.6名が

           笹を刈っていてくれていたト
ラバースが終わると又登りだ 

                         ユキザサ 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 031_01 


                        イワカガミ 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 032_01 


                        オオカメノキ 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 039_01 


    12:08ニノ森頂上に着く堂が森を素通りして行った男性がラーメンを作っていた

    今治か
ら来たそうで山のことをいろいろ教えていただいた、此処でお湯を沸かして

    金ちゃんヌード
ルのうどんを作って残りのおにぎり一個を食べる其処へ堂が森で

     写真を撮ってあげた人が来
たので又写真を撮ってあげた、そうすると今治から

   来た人の連れが4人位来た頂上はいっぱい
になる、先週行った岩黒・筒上・手箱が

            見える石鎚はガスで見えない12:46下山開始 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 041_01 


   13:10鞍瀬の頭に着く此処ではガスがひどくなり展望はきかないので直に下山する 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 045_01 


                         コヨウラクツツジ 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 049_01 


                          アカモノ 

s-堂が森・ニノ森ピクチャ 051_01 


     16:30無事に下山帰り小松インターから乗りオアシスの温泉に浸かり帰路に着く

6:30登山口出発~7:52から池~8:06出発~9:14分岐~9:51堂が森~10:17出発~12:08ニノ森~12:46出発~13:10クラセの頭~15:34から池~16:30下山

       歩行距離  13,098km       沿面距離  14,151km
       歩行歩数  27,499歩        所要時間  9時間50分

s-堂が森・ニノ森グラフ 

s-堂が森トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)



2009.05.31 / Top↑
 

            2009年5月24日(日曜日)曇り昼から雨

  自宅3:28分出発藍住インター4:00分に乗り西条インターで降りる新寒風山トンネルを


        通り瓶ガ森林道経由で土小屋に着く6:50分準備をして7:10分出発 

s-筒上山・手箱山 001_01 


s-筒上山・手箱山 003_01 


        丸滝小屋を過ぎ鉄の桟橋を何箇所か渡り分岐を過ぎた辺りから

               ゴヨウツツジが沢山咲いていた 

s-筒上山・手箱山 008_01 


s-筒上山・手箱山 010_01 


           9:04手箱越に着く此処でおにぎりを1個食べて休憩をする 

     9:53手箱山に着く展望良好だが石鎚山方面はガスがかかって見えない

    此処でお湯を沸かし
てコーヒーと残りのおにぎり1個を食べて反対側の方へ

       少し下って岩場の上に立つ直ぐに引き
返し筒上山に向かう 

s-筒上山・手箱山 015_01 


     11:00手箱越えに着く此処で水を汲少し休み鎖場が待つ筒上山に向かう

     急坂でかなりきつ
い頂上の少し下の岩場でお湯を沸かしヤキソバを食べて

      下山開始急な下りになる直ぐにアケボノが少しのこっていた又少し下ると

                 ゴヨウツツジが満開である 

s-筒上山・手箱山 017_01 


s-筒上山・手箱山 020_01 


                    コヨウラクツツジ 

s-筒上山・手箱山 021_01 


    丸滝小屋に着き
少し休憩をして行き止まりの上行くとヒカゲツツジが残っていた 

s-筒上山・手箱山 023_01 


            其れから岩黒山へフラフラ
になりながら登って行く

   1:35岩黒山に着きお湯を沸かしコーヒーをいれておやつを食べる、今日通って来た

   手箱・
筒上・丸滝小屋が見える石鎚はガスで見えない、其れから下山開始するが少し

              下った所でコ
メツツジが3輪咲いていた 

s-筒上山・手箱山 027_01 


  14:30下山石鎚神社でお参りをして車の所に戻ると雨が本降りになってきた、下に降りると

     雨はあがった川内の桜温泉に寄って汗をながして高速に乗り帰宅する 

s-筒上山・手箱山 029_01

7:10登山口~7:56丸滝小屋~8:12分岐~9:04手箱越~9:13出発~9:53手箱山頂上~10:30出発~11:00手箱越~11:07出発~11:30筒上山頂上~12:06下山開始~12:55丸滝小屋~岩黒山頂上~13:57下山開始~14:32駐車位置下山

      歩行距離   12,152km      沿面距離   12,552km
      所要時間   7時間22分       歩行歩数   23,271歩

s-筒上山・手箱山グラフ 

s-筒上山・手箱山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)


2009.05.24 / Top↑
 

               2009年5月10日(日曜日)晴れ

    4:50自宅出発7:20登山口出発二ッ岳の標識の方へ向かう直にヤマシャクなど

   花が沢山あり写真を撮りながら行くと滝があり直に右側に鉄塔の標識がありそこが

       登山口だが踏み跡が薄く分らなかったので行き過ぎて引き返す 

                   コンロンソウかな? 

赤星山・豊受山 001_01 

                 

                     ラショウモンカズラ 

赤星山・豊受山 003_01 


                        ヤマシャクヤク 

赤星山・豊受山 008_01 



赤星山・豊受山 021_01 


      8:18鉄塔に着く花が沢山あり写真を撮りながらなので時間がかかった

赤星山・豊受山 029_01



                      エンレイソウ 

赤星山・豊受山 033_01
    



                          カタクリ 

赤星山・豊受山 042_01 



    9:27赤星山頂上に着く二ッ岳が良く見えるが土居の町と海は霞んでいる此処で

   コーヒーを入れる準備をするがコーヒーカップを家に忘れて来たのでお茶とおにぎり
 

        にする頂上から豊受山に向かうと直にアケボノがまだ残っていた ▼

赤星山・豊受山 046_01 


赤星山・豊受山 048_01 


赤星山・豊受山 051_01 


赤星山・豊受山 053_01 


                       アケボノツツジ 

赤星山・豊受山 055_01 


                         ニリンソウ  

赤星山・豊受山 060_01 


                         ヤブレガサ 

赤星山・豊受山 061_01 


赤星山・豊受山 065_01 



                             カタクリ 

赤星山・豊受山 066_01 



          豊受山に急坂を下って行くとヤマシャクヤクが少し残っていた
 

          帰りの登り返しはきついと思いゆっくり豊受山に向かう


    11:12豊受山頂上に着く三角点のみで展望も無いので写真を撮って直に

       展望の良い見晴台に行くが虫がいっぱいで顔にまとわりつくので

                 休める所を探すがなかなかない

                        
                       ユキザサ 

赤星山・豊受山 070_01 

     11:54野田との分岐でお湯を沸かしてカレーヌードルを食べるが此処でも

    虫がまとわりつくので頭からネットをかぶって食べる十分休憩を取り登り返して

       行く途中10人位の団体さんが休憩をしていた更に進むと豊受で少し

     お話をしたおじさんが休憩をしていたのでお話をすると豊受から赤星まで

     一時間5分でいったそうで此れから鋸山の方へ帰るそうです其れから直ぐに

        赤星山頂上に着く思ったよりも速く楽であった頂上は暑かったので

               直ぐに下山し涼しい所で休憩する

                      ハルノトラノオ 

赤星山・豊受山 071_01 


赤星山・豊受山 075_01 

 14:29駐車位置下山帰り川之江湯の華温泉で汗を流し高速に乗り池田サービスエリアで

妻は山 菜蕎麦を私はアイスクリームを食べ高速を降りファミリー両国で買い物をして家に帰る


4:50自宅出発ー4:52藍住インター出発ー7:01駐車位置ー7:20出発ー7:38ヤマシャク8:18鉄塔ー9:04分岐ー9:27赤星頂上ー9:45出発ー10:41山芍薬ー11:12豊受山頂上ー11:54野田分岐ラーメン休憩ー12:22出発ー13:25赤星頂上ー13:29石楠花尾根休憩ー13:35出発ー14:29駐車位置下山

s-赤星山・豊受山グラフ 

s-赤星山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)


2009.05.10 / Top↑
 

               2009年5月5日(火曜日)雨のち曇り

                  


                  篠山の駐車場に着き9:42出発 


篠山 001_01 

  

                    ギンリョウソウ 

篠山 002_01 

10:22神社に着くお参りをして直ぐ上の頂上に行く雨は上がったが景色は見えない

アケボノツツジはほとんど終わっている神社の下に下り右に下って

一周して観世音寺跡でコーヒーを飲む 


篠山 003_01

篠山 004_01 


篠山 006_01 


篠山 008_01 


篠山 007_01 


篠山 009_01 


篠山 010_01 


篠山 015_01 


篠山 017_01 


篠山 020_01 


宇和島のホテルを8時位に出発する9:42駐車位置出発ー9:59水場ー10:07広場
分岐ー10:22神社ー10:26頂上ー11:40大杉ー12:15寺跡出発ー12:16下山
宿毛の道の駅に寄りそれから黒潮町の道の駅でカツオのタタキ丼を食べる其れから四万十町の岩本寺でお参りをする其れからあぐりの道の駅に寄り栗アイスを食べる其れから須崎に向かうが渋滞に巻き込まれ一時間あまりかかるそして須崎で鍋焼きラーメンを食べて須崎インタ
ーから7時過ぎ1000円高速に乗る脇町インターから土成間で3キロの渋滞に巻き込まれ11時位帰宅

           行距離  4,405km     沿面距離  4,766km
        所要時間  3時間16分     歩行歩数  7,471歩


s-篠山グラフ 


s-篠山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)

2009.05.05 / Top↑
 

           2009年5月4日(月曜日)雨のち曇り


        三間道の駅から7:35登山口に着くカッパを着て7:53出発此処もシャクナゲが

           沢山咲いている高月山手前までは雨のため滑りやすいが楽に歩けた ▼

高月山 001_01


高月山 003_01 


高月山 004_01 


高月山 007_01 


     
8:54バイケイソウの群生地に近ずくと急坂が続き喘ぎながら登って行く ▼


高月山 011_01 


            9:19頂上に着く雨は上がったがガスのため何も

            見えないおにぎりを1個食べて直ぐに下山開始 ▼



高月山 013_01 


 


高月山 017_01 


高月山 018_01 


高月山 020_01


     10:50下山鹿のコルまで車で走り此処でコーヒーとおにぎりを食べる

   権現山に登る予定だったが天気が悪いので宇和島城へ行く其れから新しく出来た

 道の駅に行きジャコテンを食べアイスクリームを食べて和霊神社でお参りをしてホテルに行く           

          歩行距離  5,880km        沿面距離  6,134km
          所要時間  3時間15分         歩行歩数  12,732歩

s-高月山グラフ 


s-高月山トレース 
この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した。(承認番号 平23情使、第17号)

2009.05.04 / Top↑
 

             2009年5月3日(日曜日)曇り


              朝2:00起床2:30自宅出発藍住インターから西予インターまで高速

             6:58駐車位置到着万年橋上の駐車場に置くもうすでに何台か来ている

                                      7:14万年橋手前から出発 

s-滑床・串が森 003_01 


s-滑床・串が森 002_01 


s-滑床・串が森 009_01 


s-滑床・串が森 013_01 


s-滑床・串が森 016_01 


s-滑床・串が森 020_01 


s-滑床・串が森 021_01 


s-滑床・串が森 022_01 


s-滑床・串が森 025_01 



      10:19熊のコルに着き三本杭の登り(地元鬼北町のご夫婦に会う)の途中から

         右斜め方向へ行くと山芍薬が少しだが咲いていた小屋が森からは

          アセビ、ツツジ、ブナ林とアップダウンが続くが気持ち良く歩ける 

s-滑床・串が森 028_01 


s-滑床・串が森 033_01 


s-滑床・串が森 036_01 

     11:45目黒鳥屋に着く登山口から直ぐの処でおじさんが目黒鳥屋まで行くと

     展望が良いと教えて頂いたので行く頂上で先ほどのご夫婦に色々と教えて頂く

            此処でお湯を沸かしカップ麺とおにぎりを食べる 

s-滑床・串が森 041_01 


s-滑床・串が森 048_01 


                     13:43三本杭に着く 

s-滑床・串が森 057_01 


       三本杭から万年橋の方へ下山開始途中シャクナゲの群生地に

           出会う期待をしていなかったので凄く感動をした 

s-滑床・串が森 062_01 


s-滑床・串が森 066_01 


s-滑床・串が森 072_01 


        14:48御祝山に着く此処から急坂で何回か滑りながら下っていく 

s-滑床・串が森 080_01 

       16:09無事に下山し森のポッポ温泉で汗を流して宇和島市内の

       フジグランの敷地内のレストランで食事を済まし三間の道の駅で

                車中泊しあくる朝高月山に向かう 

s-滑床・串が森 086_01 

2:30自宅ー6:58登山口ー7:14出発ー8:16千畳敷ー8:58奥千畳敷ー8:25出発ー10:19熊のコルー10:51小屋が森ー11:25串が森ー11:31出発ー11:45目黒鳥屋ー12:32出発ー13:39三本杭ー13:46出発ー14:08シャ
クナゲ群生地ー14:48御祝山ー16:09下山

         歩行距離  16,436km    沿面距離  17,398km

         所要時間  8時間58分     歩行歩数  28,144歩

s-滑床・串が森グラフ 


s-滑床トレース 
 この地図の作成に当たっては、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図
 25000(地図画像)数値地図50mメッシュ(標高)及び基盤地図情報を使用した
 (承認番号 平23情使、第17号)


2009.05.03 / Top↑