掲示板

 
ヤマトキソウ(山朱鷺草)ラン科 トキソウ属 多年草

山地の日当たりのよい草地に生える。茎は高さ10~20㎝。花は小型で

上向きに咲く。萼片、花弁とも長さ約1.2㎝。花はほとんど開かない。

🌷花期:6~8月 分布:北、本、四、九

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

徳島県:絶滅危惧IA類

s-DSC_6996.jpg 


s-DSC_7001.jpg 


s-DSC_7003.jpg 


s-DSC_7007.jpg 


s-DSC_7011.jpg 


s-DSC_7022.jpg 


s-DSC_7033.jpg 


s-DSC_7039.jpg 






2017.06.22 / Top↑
 
ムカゴサイシン(零余子細辛)ラン科 ムカゴサイシン属 多年生草本

開花時の高さは3~10cm。開花時に葉はない。花は完全に開かず、横向きに

1個つける。背萼片の長さ8~13.5㎜、唇弁は3裂し、長さ8.5~12.5㎜、中央裂片

は倒卵形。萼片には淡緑色に紫色の斑紋が入る。側花弁と唇弁は白色で紫色の

斑紋が入る。開花後、心形の葉を開く。長さ1.5~3.5㎝。

🌷花期:4~7月 分布:本(栃木県以南)、四、九、琉、伊

日本のラン ハンドブック ➀低地・低山編より

徳島県:絶滅危惧IA類  環境省:絶滅危惧IB類

s-DSC_6972.jpg 


s-DSC_6977.jpg 


s-DSC_7084.jpg 


s-DSC_7090.jpg 


s-DSC_7092.jpg 


s-DSC_7101.jpg 


s-DSC_7102.jpg 












2017.06.21 / Top↑
 
ヒトツボクロ(一黒子)ラン科 ヒトツボクロ属 多年草

やや乾いた林内に生える多年草。葉は1個、長卵形で長さ4~7㎝、

暗緑色で中脈が白く、裏面は紫褐色を帯びる。花茎は細く

高さ15~25㎝、小さな花を数個つける。

🌷花期:5~6月 分布:本、四、九

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

徳島県:絶滅危惧IB類

今年2回目のヒトツボクロは終盤です

s-DSC_6948.jpg 


s-DSC_6949_01.jpg 


s-DSC_6958.jpg 


s-DSC_6961.jpg 


s-DSC_6962.jpg 


s-DSC_6965.jpg 


s-DSC_6968.jpg 





2017.06.20 / Top↑
 
シタキソウ(舌切草)キョウチクトウ科 シタキソウ属 多年草

シタキは舌切の転訛という。暖地の海岸近くの山林内に生えるつる性の常緑

多年草。葉は対生し長さ1.5~3㎝の柄があって、卵形または円状楕円形で長さ6~

17㎝、全緑で厚みがある。葉腋から集散花序をだし、白色で芳香のある花を2~

3個つける。花冠の下部は長さ1.2~1.4㎝の細い筒になり、先は深く5裂する。

🌷花期:6月 分布:本(千葉県以西の太平洋側)、四、九

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-D71_5445.jpg 


s-D71_5448.jpg 


s-DSC_6763.jpg 


s-DSC_6765.jpg 


s-DSC_6766.jpg 


s-DSC_6768.jpg 


s-DSC_8578.jpg 



2017.06.19 / Top↑
 
シロバナクサナギオゴケ(白花草薙尾苔)キョウチクトウ科 カモメズル属

多年草。クサナギオゴケの白花品種。

🌷花期:5~6月 分布: 本(関東地方、東海東海、近畿地方)、四

s-DSC_6688.jpg 


s-DSC_6684.jpg 


s-DSC_6715.jpg 


s-DSC_6710.jpg 


s-DSC_6712.jpg 


ギンレイカ(銀鈴花)サクラソウ科 オカトラノオ属 多年草

(別名:ミヤマタゴボウ)林内の湿り気の多いところに生える高さ30~60㎝

の多年草。葉は長楕円形で長さ5~10㎝、下部は翼のある柄となる。

枝先に長さ5~6㎜の白い小さな花が総状につく。

🌷花期:6~7月 分布:本、四、九

山溪ハンディ図鑑2 増補改訂新版 山に咲く花より

s-DSC_6701.jpg


s-DSC_6706.jpg 


s-DSC_6704.jpg 




2017.06.18 / Top↑