FC2ブログ

掲示板

 
センリョウ(千両)センリョウ科 センリョウ属 低木

関東南部~沖縄の暖温帯・亜熱帯に自生または野生化。常緑樹林内にやや稀。

庭木、鉢植えに普通。植栽からの野生化も多いといわれ、本来の自生は南日本が

中心。葉身長9~15㎝、最大幅は中央。葉柄0.5~2㎝。葉は粗い鋸歯が目立ち、

枝先に4枚が十字対生し、その中心に花や実がつく。樹高0.5)1m。

山溪ハンディ図鑑14 樹木の葉

s-DSC00108.jpg 


s-DSC00112.jpg 


s-DSC00146.jpg 


s-DSC00150_2018121015113719d.jpg 


s-DSC00152.jpg 


s-DSC00153.jpg 


2018.12.11 / Top↑
 
モモイロカンアオイ(桃色寒葵)ウマノスズクサ科 カンアオイ属 多年草

葉は卵形~楕円形、長さ5~10、幅5~9㎝の多年草。先はいくらか尖り、

基部は心形。質は厚く、表面は暗緑色で光沢があり、白班が入る。

花は淡紫色~淡黄色、萼筒は筒形で、長さ6~7㎜、径約10㎜。

🌷花期:12~3月 分布:四国(徳島県)

徳島県:絶滅危惧IA類

開き始めました

s-DSC00097.jpg


s-DSC00101.jpg 


s-DSC00094.jpg 


s-DSC00115.jpg 


s-DSC00102.jpg 


s-DSC00119.jpg 


s-DSC00138.jpg 






2018.12.10 / Top↑
 
高尾山(板野町)標高261m 一年ぶりのプチ登山

奥宮登山口 高尾山まで1.2km

s-N2026856.jpg 


s-N2026875.jpg 


モチツツジ

s-N2026898.jpg 


眉山方面 霞んでいます

s-N2026916.jpg 


s-N2026895.jpg 


s-N2026879-2.jpg 


s-N2026924.jpg 


s-N2026903.jpg 


s-N2026905.jpg 


s-N2026908.jpg 


分岐右にトラバースで山頂に向かう

s-N2026907.jpg 


高尾山

s-N2026910.jpg 


あすたむらんど徳島方面

s-N2026923.jpg 


万石山の奥に大麻山

s-N2026922.jpg 


三角点

s-N2026920.jpg 


登山口に下山

s-N2026925.jpg
2018.12.04 / Top↑
 
イズセンリョウ(伊豆千両)サクラソウ科 イズセンリョウ属 低木

関東から沖縄の暖温帯に自生。照葉樹林内の多少湿った場所にやや普通。しばしば

群生する。葉身長7~15㎝、最大幅はほぼ中央。葉柄1~2㎝。無毛。葉は低い鋸歯が

少数あるか、時にほぼ全緑で、アラカシにも似た葉形だが、葉裏の葉脈がくっきり

緑色に見えることが特徴。枝を垂れるように長く伸ばす樹形で、樹高1m前後。

山溪ハンディ図鑑14 樹木の葉

s-N2026827.jpg 


s-N2026817.jpg 


s-N2026823.jpg 


s-N2026818.jpg 


s-N2026819.jpg 


s-N2026829.jpg 


s-N2026822.jpg 


2018.12.02 / Top↑
 
クサヤツデ(草八手)キク科 クサヤツデ属 多年草

山地の木陰に生える多年草で、地下茎は横にはい、古い茎の基部が並ぶ。

高さ0.4~1mになる。葉は長さ5~7㎝の掌状で、裂片は5~7個、

先はさらに浅裂鋸歯もある。頭かは黒紫色で下向きにつき、

直径5㎜ほど、花冠は長さ1.5~1.8㎝で、5裂し、裂片は反曲する。

🌷花期:9~10月 分布:本(神奈川県~近畿地方の太平洋側)、四、九

山渓ハンディ図鑑2(増補改訂新版)山に咲く花

s-N2026812.jpg 


s-N2026814.jpg



 s-N2026806.jpg


s-N2026815.jpg 


s-N2026802-2.jpg 
2018.12.01 / Top↑